保険医の生活と権利を守る東京保険医協会

7/31(月) 西多摩支部例会

公開日 2017年07月07日

日時

7月31日(月) 19:30~21:30

道路交通法改正に伴う かかりつけ医による

「認知症疑い患者」の診断の実際

75歳以上高齢者の運転免許更新にあたり「認知症のおそれ」と判定された場合に認知症診断を求める制度が発足しました。

一般医療機関に診断を求める患者が来ることも想定されます。

認知症と診断しなかった患者が交通事故を起こした場合の医師の責任は?

田所先生に制度の要点と法的な問題についてお話しいただくとともに、認知症疾患医療センターとして認知症の診断に携わっている青梅成木台病院の小林先生に認知症診断の実際や、生活の足を奪うことになる診断の難しさなど、現場で直面している困難さについてお話しいただきます。

多数の方々の参加をお待ちしております。
 

支部長 片倉 和彦                    

会場

大聖病院6F講堂
(JR青梅線「福生」駅北口より徒歩3分)

問合せ先

東京保険医協会 西多摩支部担当 刈谷
電話:03-5339-3601/FAX:03-5339-3449

地図

大聖病院