保険医の生活と権利を守る東京保険医協会

【PR】失敗しない開業準備のコツをお教えします

公開日 2017年09月08日

佐藤 一樹 理事(勤務医委員会委員)

佐藤一樹先生写真

これから開業しようという先生方にとっての究極的な関心事は「患者が集まり、診療でも経営面でも成功するか否か」でしょう。“年に一度”のこのセミナーでは特に、このことを中心的なテーマにおいて実際に勤務医から開業医に転身した私たちの生の声を伝えるようにしています。

開業を決意してからは、新規診療所経営や医療広告や増患対策の専門書をそれぞれ数冊読んだり、多様なネット情報取得のほか、開業セミナーに幾つか出席し、成功しているクリニックを訪ねアドバイスを受けるといったことは誰でもされるでしょう。

さらに、開業候補地周辺を自分の足で歩きまわってフィールドワークをしながら地域の年齢人口分布や競合する医療施設や連携する医療機関なども把握して、絶対に失敗しないという信念をもって開業したいものです。開業後も新規患者の居住地を地図にプロットし、来院の動機の調査をして医療広告の費用対効果の分析をして、開業前から戦略を練ってきた増患対策を補強修正しながら確実な経営面での成功をおさめ、地域医療に貢献したいと思っていることでしょう。

しかし、コンサルタントにいわれるがままに開業して「思わぬ出費を要した」、「開業後立ち行かなくなった」、「募集しても職員が集まらない」、「職員から思わぬ請求や要求をされた」、「突然スタッフが大勢やめた」などの失敗の話もしばしば耳にします。そうした事態を回避し乗り切ることも含め、「骨太」の経営理念をもって開業できるようお話し致します。

また、当協会では毎月、新規開業医講習会を開催しています。新規開業時の経営と税務、保険診療上の留意事項と保険請求の要点、新規個別指導等の実態などについてもお話しします。あわせてご出席ください。

(『東京保険医新聞』2017年9月5日号PR版掲載)