保険医の生活と権利を守る東京保険医協会

【社保情報】冬季の感染症、算定上の留意点《会員専用ページ》

公開日 2017年11月21日

冬季に算定が増加する検査点数等の算定要件について紹介する。
『保険点数便覧 2016年4月改定』(東京保険医協会発行)のページ数を付記するので、レセプト作成時に改めてご確認いただきたい。

(1)RSウイルス抗原定性(146点)の算定要件(p.373)

(2)インフルエンザウイルス抗原定性(147点)の算定要件(p.373)

(3)ノロウイルス抗原定性(150点)の算定要件(p.374)

(4)タミフルカプセルおよびタミフルドライシロップの算定要件(p.470)

タミフルカプセルおよびタミフルドライシロップは、A型又はB型インフルエンザウイルス感染症の発症後の治療目的での使用に限り算定できる。予防投与は保険給付の対象外である。

算定要件についての詳細は会員専用ページ《保険診療Q&A》にて公開しています。

(『東京保険医新聞』2017年11月15日号掲載)

会員専用ページ

画面右上のMENUボタンから「会員専用ページ」にアクセスいただけます。

※会員専用ページをご覧いただくには、IDとパスワードを入力していただく必要があります。
 ホームページについてのご質問は、協会 情報通信システム部(03-5339-3601)まで