保険医の生活と権利を守る東京保険医協会

​板・豊支部例会を開催―次期診療報酬改定 改定時こそ協会の活用を(板橋・豊島)

公開日 2018年02月01日

171116_板橋・豊島支部例会

板橋・豊島支部は、11月16日、池袋の駅前会議室で支部例会を開催し、会員ら20人が参加した。

「2018年度診療報酬改定の情報」と「最近の減点事例から考える査定・減点対策」をテーマに、事務局から報告。実際の減点事例を用いながら、留意点等を解説し、意見交換を行った。

また、2018年は診療報酬と介護報酬の同時改定が行われることに伴い、協会は、『新点数説明会』を3月下旬に開催する。徐健泰支部長は、「改定時こそ、診療報酬に強い協会を大いに活用してほしい。不明な点、不安な点が山積みななかで、一人で抱え込まずに、協会へご一報ください」と述べた。

板橋・豊島支部は、支部総会と合わせて診療報酬改定の諮問案が答申される2月下旬から3月上旬に「検討会」を実施する。
詳細が決まり次第ファクシミリもしくはハガキにて、支部会員に案内していく。ぜひご参加いただきたい。

(『東京保険医新聞』2018年1月25日号掲載)