保険医の生活と権利を守る東京保険医協会

2018年改定診療報酬に係るガイドライン・指針

公開日 2018年03月15日

2018年度診療報酬改定に係る算定要件や施設基準に、いくつかのガイドラインや指針が盛り込まれています。
以下、主なものについてリンクをご紹介します。

※「オンライン診療の適切な実施に関する指針」が公表されました。(3/30)

名 称 関連する点数(主なもの) リンク

情報通信機器を用いた診療に係る指針

オンライン診療料、オンライン医学管理料、オンライン在宅管理料、遠隔モニタリング加算(在宅酸素療法指導管理料、在宅持続陽圧呼吸療法指導管理料)、精神科オンライン在宅管理料

オンライン診療の適切な実施に関する指針(厚労省)

人生の最終段階における医療の決定プロセスに関するガイドライン 在宅ターミナルケア加算(在宅患者訪問診療料、在宅患者訪問看護・指導料)、地域包括ケア病棟入院料1・3及び療養病棟入院基本料の施設基準、在宅患者支援療養病床初期加算 「人生の最終段階における医療の決定プロセスに関するガイドライン」の改訂について(厚労省)
抗微生物薬適正使用の手引き 認知症地域包括診療加算、認知症地域包括診療加算、小児科外来診療料、小児かかりつけ診療料、地域包括診療料、認知症地域包括診療料 薬剤耐性(AMR)対策について(厚労省)
PMDA からの医薬品適正使用のお願い(No.11 2017年3月) 向精神薬調整連携加算(処方料、処方箋料) ベンゾジアゼピン受容体作動薬の依存性について(PDF・(独)医薬品医療機器総合機構)
睡眠薬の適正な使用と休薬のための診療ガイドライン 向精神薬調整連携加算(処方料、処方箋料) 日本睡眠学会ガイドライン(日本睡眠学会)

※この表は、2018年3月16日時点での情報に基づき作成しています。
リンク先の情報は最新の情報ではない場合がありますので、ご了承ください。

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード