保険医の生活と権利を守る東京保険医協会

勤務医委員会

勤務医アンケート実施し、労働環境の改善や医療訴訟リスクへの対応など、
勤務医の先生方の要望や期待に応えられるような企画に取り組んでいます。

勤務医委員会の紹介

 2008年秋に勤務医委員会が発足しました。
 保険医協会は開業医中心の組織と思っている先生方も多いと思いますが、開業医と勤務医が手を取り合って協力し、医療崩壊をくい止める運動に取り組むというスタンスで活動をしています。現在815人の勤務医の会員がいます(東京保険医協会会員総数は2017年4月現在5,501人)。協会が運営する共済制度の加入をきっかけにご入会いただく先生が多いです。また最近は、開業をお考えの先生も早めにご入会いただいています。
 勤務医といっても就業形態はさまざまですが、勤務医を対象にしたアンケートに基づき、労働環境の改善や医療訴訟リスクへの対応など勤務医の先生方の要望や期待に応えられるような企画に取り組んでいます。会費は開業医会員の半額の月3,000円です。ぜひ未入会の勤務医の先生は東京保険医協会にご入会ください。

新着情報

  • 171123_シンポジウム「医療行為と刑事罰」①シンポジウム「医療行為と刑事責任」を開催ー「制裁」のあり方、処罰対象からの除外など論議2017年12月28日 協会勤務医委員会は11月23日、日本刑法学会理事長の佐伯仁志氏(東京大学大学院法学政治学研究科教授・写真右)、常務理事・理事長代行の井田良氏(中央大学大学院法務研究科教授・写真中央)、医師でもある弁護士の田邉昇氏(写真左)を...講演会イベント活動報告
  • 171129_日医今村常任理事との懇談日医の今村常任理事と懇談/協会「医師法21条の改定は不要」2017年12月20日 協会勤務医委員会は11月29日、日医の「医療安全・医事法制」を担当する今村定臣常任理事と懇談。異状死体の届け出を定めた医師法21条や医師の応召義務について意見交換した。協会からは細田勤務医委員会委員長、佐藤理事、細部理事...要望・要請活動報告勤務医委員会
  • 171111_新入会員歓迎懇談会『協会の助言「本当に助かった」』 第38回新入会員歓迎懇談会を開催2017年12月05日 協会組織部は11月11日、ホテルセンチュリーサザンタワーにて新入会員歓迎懇談会を開催し、新入会員ら21人が参加した。 開会の挨拶に立った鶴田幸男会長は、新入会員を前に、自らが受けた個別指導の経験を紹介し、「萎縮する...催し物組織部PR
  • 石山哲也先生秋の会員増加・共済普及月間ご協力への御礼(2017年)2017年12月01日 過去最高の5,574人を達成 組織部長 石山哲也 この度、秋の会員増加月間では49人の大切な新入会員を迎えることができました。入会理由として、保険医協会の会員の皆さまからのご紹介によるものが多かったことが特筆されます...共済部組織部PR
  • 【視点】総合診療専門プログラムの審査問題を考える2017年11月27日東京保健生活協同組合 副理事長/大泉生協病院 院長 齋藤 文洋(さいとう・ふみひろ) 不可思議な経緯・恣意的なすすめ方に疑問 多くの先生方は今年9月25日に新専門医制度に関わるプログラムの一次審査の結果が発表され、その後都道府...論説・視点主張・談話勤務医委員会