保険医の生活と権利を守る東京保険医協会

保険医の経営と税務 2017年版

公開日 2017年01月25日

 医院経営を維持していくためには、正しい経理処理と確定申告が欠かせません。マイナンバー法の施行や消費税増税など、医療をめぐる税制も大きく変化しています。
 「保険医の経営と税務」は、日常経理の留意点や相続・贈与、税務調査対策、措置法26条など、医療機関の経理に関する基礎知識を網羅しています。確定申告書の記載例、税務調査対策10のポイント・チェックシートを収載し、勤務医の確定申告についても解説を加えました。毎年2月に改訂版を発行しています。

【会員の先生方へ】
  この書籍は、毎年2月~4月無料プレゼントキャンペーンを実施しています(1会員につき1冊)。新規にご入会いただいた先生にも、入会特典として1冊贈呈いたします。

〔目次〕

  • 第1章 医業所得計算と日常業務
  • 第2章 共済制度と税金
  • 第3章 消費税
  • 第4章 開業・承継・閉院
  • 第5章 相続税・贈与税
  • 第6章 スタッフの税務と給与実務の留意点
  • 第7章 勤務医師の税務
  • 第8章 地方税の計算
  • ☆付録:確定申告書の記載例、財産債務調書、控除額等計算一覧表、税務調査対策10のポイント
  • 会員価格 1,200円
  • B5判 233頁/発行:全国保険医団体連合会/2017年2月

「書籍の注文は原則として東京保険医協会の会員限定サービスとなります。
会員確認のため、必ず会員氏名をご記入ください。
ご入会については入会のおすすめページをご覧ください。
東京歯科保険医協会および都外の医療機関の方は、ご所属の保険医協会へお問い合わせください。

経営と税務2017

サイトからの書籍の注文はこちら