保険医の生活と権利を守る東京保険医協会

11/15(水) 第434回循環器研究会「不整脈の診断と治療 規則的な調律が健康をつくる-脈の乱れは、心の乱れ-」

公開日 2017年09月25日

日時

2017年11月15日(水) 19:30~21:00

概要

 手首に指をあてると拍動を感じます。この拍動は心臓の収縮と相関します。心臓が乱れたとき、この拍動も乱れます。これが不整脈です。不整脈は、徐脈(心拍数が遅い)、頻脈(心拍数が早い)、期外収縮(拍動の時相がずれる)と心房細動に大別されます。不整脈の症状は軽微なものから意識消失、突然死といった重篤な場合もあります。以前は不整脈の治療法は薬(薬物療法)だけでしたが、非薬物療法の進歩により、完全に治る不整脈があります。(丹野)

講師

昭和大学江東豊洲病院 循環器内科 教授 丹野 郁 先生

会場

東京保険医協会セミナールーム

参加費

会員:無料/会員外:3,000円

申込み

「11/15 循環器研究会申込み」として、①医療機関名、②会員名、③参加人数、④電話番号、⑤FAX番号をご記入のうえ、FAX(03-5339-3449)までお送りください。
会員外の参加者は参加費 3,000円を徴収します。

※東京保険医協会会員の方はメールフォームからもお申込みを受け付けています。こちらからどうぞ。

問合せ

協会循環器研究会 担当:中嶋
TEL:03-5339-3601 / FAX:03-5339-3449

地図

会場地図

関連ワード