保険医の生活と権利を守る東京保険医協会

社保情報

  • 【社保情報】年末年始の取り扱い年末年始の12/29(金)~1/3(水)は点数表上の休日として扱うことになっており、初・再診料の休日加算や時間外加算等の取り扱いに悩むところである。 これらの加算の算定にあたっては、  (1)深夜加算の対象となるかを確認した後、  (2)休診日か否かによって休日加算の算定を考え、  (3)標榜時間内で夜間・早朝等加算や時間外特例を算定で...社保情報新着情報審査指導対策部2017年12月15日
  • 【社保情報】特定疾患処方管理加算~算定要件Q&A~《会員限定》Q1 特定疾患処方管理加算:65点と18点の点数の違いはどういうものか。 A1 65点は、特定疾患を主病とする入院外の患者に対して、特定疾患に直接適応のある薬剤を処方期間28日以上として処方した場合に、月1回を限度に算定する。 18点は、特定疾患を主病とする入院外の患者に対して処方をした場合に、1カ月に2回を限度として1処方につき1...社保情報審査指導対策部2017年12月01日
  • 【社保情報】冬季の感染症、算定上の留意点《会員専用ページ》冬季に算定が増加する検査点数等の算定要件について紹介する。 『保険点数便覧 2016年4月改定』(東京保険医協会発行)のページ数を付記するので、レセプト作成時に改めてご確認いただきたい。 (1)RSウイルス抗原定性(146点)の算定要件(p.373) (2)インフルエンザウイルス抗原定性(147点)の算定要件(p.373) (3)ノ...社保情報審査指導対策部2017年11月21日
  • 集団的個別指導 厚労省「平均点数を個別に回答」―医療機関の開示要求に応じる協会活動の大きな成果 厚生労働省が地方厚生局宛に、医療機関から自院の平均点数の開示を求められた場合は回答するように事務連絡を出していることが分かった。また、診療科別平均点数の一覧表も地方厚生局のホームページに掲載されることとなった。 集団的個別指導に選定された際の平均点数を医療機関に開示することは、保険医協会・保団連が長年求めていたことで、運動...ニュース社保情報審査指導対策部2017年09月07日
  • 【社保情報】診療報酬 疑義解釈(その13)について 厚労省は2017年7月28日に事務連絡「疑義解釈資料の送付について(その13)」を発出した。以下、一部改変の上掲載するので確認されたい。 ●他医療機関で撮影した内視鏡検査 (問1)当該保険医療機関以外の医療機関で撮影した内視鏡写真について診断を行った場合の点数(内視鏡検査の通則3に示される点数)は、コンピューター断層診断の留意事項通知に示...社保情報疑義解釈審査指導対策部2017年09月06日
  • 【社保情報】ALS・筋ジストロフィー患者へのモルヒネ投与 Q 筋萎縮性側索硬化症(ALS)の患者に「オプソ内服液」(成分名:モルヒネ塩酸塩)を処方したいのですが、「癌性疼痛」以外に保険適応がありません。どう対応したらよいでしょうか。 A.薬事承認上は現在も適応となっていませんが、保険診療上オプソ内服液は、・・・    なお、この使用例については、社会保...社保情報審査指導対策部2017年08月02日
  • 170725_04gra1_高額療養費の見直し【社保情報】70歳以上の高額療養費の上限が8月から変更になります2017年8月から 70歳以上の高額療養費について、現役並み所得者の外来分と一般所得者の入院・外来分の自己負担限度額が引き上げられ、一般所得者については多数該当が設定される(下表)。窓口会計の際はご注意いただきたい。 2018年8月から 現役並所得者の所得区分をさらに細分化した上で限度額を引き上げ、一般所得者の外来上限額の引き...ニュース社保情報2017年07月25日
  • 【社保情報】診療報酬 疑義解釈(その11)について 厚労省は2017年5月26日に、事務連絡「疑義解釈資料の送付について(その11)」を発出した。以下に抜粋して掲載するので、確認されたい。 ●認知症疾患医療センター (問1)2017年度から、認知症疾患医療センターについて、従来の「診療所型」の設置要件に病院が追加され、「連携型」に区分が改正されたが、認知症疾患医療センター「連携型」への鑑別...社保情報2016年度 診療報酬改定情報疑義解釈審査指導対策部2017年06月26日
  • 【社保情報】処方せん未交付加算《会員専用ページ》《会員専用ページ》を更新しました。 在宅時医学総合管理料・施設入居時等医学総合管理料における 「処方せんを交付しない場合の加算」の算定 2016年4月の診療報酬改定において、在宅時医学総合管理料等における「院外処方せんを交付する場合」「院外処方せんを交付しない場合」の区分が廃止され、それに伴い処方せん未交付加算(300点)が新設されました...社保情報審査指導対策部2017年06月13日
  • 【社保情報】診療情報提供料(Ⅰ)についてのQ&A《会員専用ページ》《会員専用ページ》を更新しました。 診療情報提供料(Ⅰ) ● 同じ患者に対して同一月に別々の医療機関にそれぞれ診療情報提供書を交付した場合の算定    その際の留意点など ● 同一月に同じ医療機関の別の科を受診した患者に対する算定 など、算定についてのQ&Aを会員専用ページ(保険診療Q&A)にて公開しています! 会員専用ペー...社保情報審査指導対策部2017年05月22日
  • 2017年度指導計画―5月24日 集団的個別指導を実施関東信越厚生局東京事務所は、協会の開示請求に対して2017年度の指導計画と各科別基準平均点数を明らかにした。 今年の集団的個別指導は5月24日に全科を対象に実施される。11月と1月に予備日を設けているが、実施されるかどうかは未定である(表1)。 表1 2017年度 指導計画表(医科) 指導種別 4月 ...ニュース社保情報審査指導対策部2017年05月12日
  • 【7月3日まで】ニコチン依存症管理料の再届出についてニコチン依存症管理料の再届出の取り扱いについて、関東信越厚生局のホームページが更新されました。7月3日までに再届出する必要があります。 (※4月19日、届出の〆切が6月30日から7月3日に更新されました。) 厚生局ホームページ▽ニコチン依存症管理料の注1に規定する基準について ニコチン依存症管理料の注1に規定する基準について (1)...社保情報新点数2016年度 診療報酬改定情報審査指導対策部2017年05月10日
  • 【社保情報】 診療報酬 疑義解釈(その10)「目標設定等支援・管理料」 厚労省は2017年3月31日に、事務連絡「疑義解釈資料の送付について(その10)」を発出した。以下に目標設定等支援・管理料について抜粋して掲載する。 ★過去に発出された疑義解釈についてはこちらから(その1~その10) (問1)目標設定等支援・管理料を算定している患者が、他の保険医療機関へ転院する場合、転院先の保険医...社保情報新点数2016年度 診療報酬改定情報審査指導対策部2017年04月17日
  • 社保情報_表2外来迅速検体検査加算フローチャート【社保情報】外来迅速検体検査加算~正しく理解して漏れなく算定しよう~  外来迅速検体検査加算(以下「迅速加算」1項目につき10点)は、検体検査を実施した場合、表1の「厚生労働大臣の定める検体検査(迅速加算対象検査)」については、当日中に算定対象検査すべての結果が判明し、患者にその結果を文書で説明するとともに、結果に基づく診療が行われた場合に1日につき5項目を限度に算定する。対象検査について、同日内に結果が出るものと出な...社保情報審査指導対策部2017年04月13日
  • 【社保情報】4月1日から取り扱いが変わります(グループホーム等居住者への在医総管の算定)グループホーム等居住者への在医総管の算定は、2016年4月診療報酬改定での経過措置期間が2017年3月31日までとなっていました。 2017年4月1日以降、取り扱いが変わりますのでご注意ください。 グループホーム等居住者への在医総管の算定  2016年の診療報酬改定により、有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅及び認知症グループホーム...社保情報新点数審査指導対策部2017年04月04日
  • 【社保情報】2017年4月1日から取り扱いが変わります(一般名処方加算1)一般名処方加算1(3点)は、2016年4月診療報酬改定での経過措置期間が2017年3月31日までとなっていました。 2017年4月1日以降、取り扱いが変わりますのでご注意ください。 一般名処方加算1(3点) 一般名処方加算1(3点)について、2017年4月1日からは先発医薬品のない後発医薬品も一般名で処方する必要がある。ただし、一般名処方...社保情報新点数審査指導対策部2017年04月04日
  • 【社保情報】国の指定難病(法別番号54)疾患が新規追加されます! 国の指定難病は既存の306疾患から、2017年4月より24疾患が追加、2疾患について疾患名の変更が行われる(下表を参照)。 該当の疾患を持つ患者は、申請のうえ認定されれば医療費助成の対象となり、難病外来指導管理料の算定や在宅時医学総合管理料・施設入居時等医学総合管理料の「厚生労働大臣が別に定める状態」の区分の算定などが可能となる。申請受付開始日や診...社保情報2017年03月22日
  • 【社保情報】在宅支援診再届出フローチャート【4月10日まで】在宅支援診の再届出に必要な書類が一部軽減されました!【2017年2月23日発出!】「平成28年度診療報酬改定において経過措置を設けた施設基準の取扱いについて」[PDF:124KB] 在宅支援診の再届出に必要な書類が、在宅支援診の場合は在宅患者割合が95%未満であれば、別添2と様式11だけでよいことになりました。     在宅療養支援診療所(強化型含む)(以下、支援診)のうち、201...社保情報新着情報2016年度 診療報酬改定情報審査指導対策部2017年02月22日
  • 【社保情報】在宅療養支援診療所の再届出 在宅療養支援診療所(強化型含む)(以下、支援診)のうち、2016年3月31日時点で支援診の届出をしていた医療機関は、関東信越厚生局・東京事務所に改めて届出を行う必要がある。まだ届出をされていない場合は、2017年3月31日(→4月10日に延長)までに届出いただきたい。  なお、2016年4月以降に新規で支援診の届出を行った場合、新たに届出を出し直す...社保情報新着情報審査指導対策部2017年02月13日
  • 【社保情報】保険収載!百日咳菌核酸検出(360点) 以下の検査料が保険収載されました。適用は2016年11月1日になります。算定漏れのないようにご留意ください。 D023 微生物核酸同定・定量検査:百日咳菌核酸検出(360点) ア.百日咳菌核酸検出は、D023微生物核酸同定・定量検査の「7」HCV核酸検出、HPV核酸検出、HPV核酸検出(簡易ジェノタイプ判定)の所定点数に準じて算定する。 ...社保情報新着情報2017年02月03日
  • 【社保情報】鼻腔・咽頭拭い液採取料の算定Q1.算定対象となる疾患や検査の種類は限定されているか。 A1.特に限定されていない。 Q2.複数の疾患を疑い、同一日にインフルエンザウイルス抗原定性(147点)とRSウイルス抗原定性(146点)を行う際、それぞれ別のキットで鼻腔・咽頭から検体を採取した場合、鼻腔・咽頭拭い液採取料を2回分算定できるか。 A2.同日に複数の検体を採取し...社保情報2017年02月03日
  • 【社保情報】2月15日必着!「酸素の購入価格の届出」は関東信越厚生局 東京事務所に2月15日(水)必着!  酸素を使用する保険医療機関は、前年(2016年)の1月から12月までの間に購入した酸素の対価及び容積を、今年(2017年)の2月15日(水)までに、別紙様式25「酸素の購入価格に関する届出書」により地方厚生局長に届け出る必要がある。  今回届出をした購入単価が、2017年4月から2018年3月までの酸素の請求に対応...社保情報新着情報審査指導対策部2017年01月25日
  • 【社保情報】年末年始の取り扱い(2016年度) 年末年始の12月29日(木)~1月3日(火)は、休日として扱うことになっています。  これらの加算の算定に当たっては、  (1)深夜加算の対象となるかを確認した後、  (2)休診日か否かによって休日加算の算定を考え、  (3)標榜時間内で夜間・早朝等加算や時間外特例を算定できるか を考えると良い。 初・再診料の休日加算や時間外加算等...社保情報新着情報審査指導対策部2016年12月02日
  • 表_湿布薬に係る記載要領(一覧)【社保情報】湿布薬に係る記載の注意点4月からの診療報酬改定で、入院外の患者について70枚を超える湿布薬を処方した場合に算定制限が設けられたほか、70枚以内の処方についてもレセプト(院内処方の場合)・処方せん(院外処方の場合)に記載しなければならない事項が追加された。取り扱いをまとめたのでご参照いただきたい。 70枚「以内」の処方の場合 《院外処方の場合》 処方せんの「処...社保情報新点数審査指導対策部2016年05月05日
  • 鼻腔・咽頭拭い液採取料は1日1回の算定 厚労省、複数回の算定認めず 一片の事務連絡で解釈覆す今次改定で新設され、綿棒等で鼻腔や咽頭をぬぐって検体を採取し、検体検査をした場合に算定できるとされた「鼻腔・咽頭拭い液採取料」(5点)について、2016年4月25日付けで厚労省事務連絡「疑義解釈資料の送付について(その2)」が出され、同日に複数検体の検査を行った場合でも、複数回の算定が認められず、1日につき1回の算定となることが明示された。 「こ...社保情報新点数審査指導対策部2016年05月05日
  • 他院退院1カ月以内の算定が可能に――特定疾患療養管理料など 協会の要求実る2016年4月診療報酬改定については、本紙でもさまざまな問題点を指摘してきたが、運動の成果と呼べるものもあった。その一つが、退院後1カ月は特定疾患療養管理料等は算定できないとする制限について、自院からの退院に限ることが留意事項通知に明記されたことだ(表)。 表 退院日から1カ月を経過した日以降でなければ算定できない取り扱い...社保情報新点数審査指導対策部2016年04月15日
  • ニュース・解説ニュース解説イベント社保情報新点数介護情報2016年04月07日
  • 中医協 新点数を答申(2016年4月改定) 2月10日に答申された中医協の個別改定項目および告示案より、大幅に改定された在宅医療分野について解説する。 在宅時(施設入居時等)医学総合管理料と訪問診療料の新点数   患者状態 診療回数 単一建物 居住者 支援診・病院以外 支援診・病院 強化型支援診・病院 ...社保情報新点数審査指導対策部2016年02月25日
  • 地域包括診療加算・地域包括診療料の早見表 医療関連ニュース 外来患者の管理点数として定着するか!? 地域包括診療料・地域包括加算 今次改定で、外来の機能分化推進という観点から「主治医機能の評価」として設定されたのが、「地域包括診療料」と「地域包括診療加算」である。この2つはどちらか一方しか届け出ることができないとされている。これらの主な特徴を見てみよう。 地域包括診療料 「地域包括診療料」(月1回/1,503点)は、200床未満の病院および診療所で算定できる届出制...社保情報新点数審査指導対策部2014年03月15日
  • 表1 現在実施中、実施予定の医療保険一部負担免除(2014年2月現在)【社保情報】 福島第1原発事故・東日本大震災被災者 医療保険・介護保険 負担金等の減免の概要 2013年12月現在、避難者は約27万4,000人と膨大な数の方々が避難生活を送り震災前の生活には戻っていません。福島第1原発事故は、汚染水漏れ等の状況も続き依然終息しておらず、またその他の地域においても避難所生活等の長期化に伴い、心身ともに健康を損ない医療や介護を必要とする方が続出しています。 このような状況にも関わらず、医療・介護関連の支...社保情報2014年03月05日
  • 高額療養費制度における70歳未満の自己負担限度額(2014年4月以後 2015年1月以降)4月以後の高額療養費制度――70歳未満は3区分から5区分に 負担金は引き上げ 高齢受給者、後期高齢者の負担金は据え置き 2013年12月24日に事務連絡が出され4月以降取り扱いが変更される。70歳未満の高額療養費の区分と負担限度額が表1のように変更される。現在は「上位所得者」「一般所得者」「低所得者」の3区分から、「上位所得者」「一般所得者」がそれぞれ2分化されて合計5区分となる。自己負担限度額は標準月額「26万円以下」の場合は引き下げとなるが、標準負担限度額「53...社保情報2014年02月05日
  • 表 高齢受給者の自己負担割合高齢受給者の負担金/ 2割負担→5月以後の新規高齢受給者 1割の軽減措置→4月1日までに70歳になる人に限定 一般所得者の高額療養費負担限度額は据え置き 70~74歳までの高齢受給者(一般・低所得者)について、2014年3月までは一部負担金の法定負担割合2割を1割に軽減する措置が実施されている。厚生労働省から2013年12月24日に事務連絡が出され、4月2日以後に70歳になる者(5月以後に高齢受給者となる者)は軽減措置がなくなり2割負担となる。なお、...社保情報2014年01月25日
  • 【社保情報】国保が「縦覧点検」を開始 ――10月請求分(9月診療分)から最終的に12カ月分を縦覧 東京都国民健康保険団体連合会(以下、国保連)が、10月請求分(9月診療分)から一次審査におけるレセプトの縦覧点検を開始することが、国保連審査事務共助指導課審査情報係発「事務連絡」(9月20日付)で通知された。 縦覧点検の進め方だが、9月請求分から参照レセプト(当月分と比較する前月以前のレセプト)のデータ蓄積が開始され、初月となる10月には9月...社保情報2013年09月25日
  • 表 電子請求猶予・免除を届出済の医療機関の請求方法と今後の取り扱い(修正版)【社保情報】電子請求「猶予」医療機関 2015年4月から電子請求に移行 ――「免除」の医療機関は引き続き紙レセプトで 電子請求について表の通りの届出をした診療所は電子請求について現在免除・猶予中であるが、後は以下のような取り扱いとなる。 「免除」扱いの医療機関は、その医療機関が存続する限り、免除扱いとなり、届出等は不要である。ただし、診療所の移転や医療法人化などで、医療機関は存続しているが医療機関番号に変更があった場合のみ、「様式5 書面による請求開始届出書...社保情報2013年08月25日
  • 図 病名もれの再審査請求時に必要な書類支払基金東京支部 病名漏れでも再審査請求は可能 ――ただし、提出前の十分な病名点検が必須 客観的な検査データ等に基づいた病態等が確認できる詳細な説明が必要 全国保険医団体連合会は支払基金本部との懇談を6月6日に実施した。この中で基金本部は、「再審査請求された場合に、その理由が病名漏れであることにより再審査請求そのものを受け付けないということはしない」ことを明らかにした。 今回の基金本部の見解は、雑誌「医事新報...社保情報2013年07月25日
  • 【社保情報】ヘリコバクター・ピロリ除菌治療の保険診療における取り扱いの留意点 2013年3月28日付で事務連絡「疑義解釈資料の送付について(その13)」においてヘリコバクター・ピロリ除菌治療に関するQ&Aが出され、『東京保険医新聞』4月5日号にも掲載したところです。それに先立ち、東京保険医協会は2月に追加された胃炎等のヘリコバクター・ピロリ除菌治療の保険診療における取り扱いの考え方について厚労省に確認しました。確認事項を掲載す...社保情報2013年04月15日