保険医の生活と権利を守る東京保険医協会

東京保険医協会とは

設立1963年以来、会員数5,495名(17年3月)東京保険医協会はあなたの医院経営と生活をしっかり支えます。保険診療対策、医院経営サポート、共済制度をぜひご活用ください。

 東京保険医協会は、1963年10月に保険医の生活と権利を守り、国民の健康と医療の向上をはかることを目的に設立された保険医の自主的な任意団体です。
 会員数は約5,495人です(2017年3月現在)。目的達成のため、国民と共同した運動により医療制度の改善を追及するとともに、会員サービスのための諸事業を行っています。毎年300人以上の保険医が入会しており、都内に20支部を設けて支部ごとの多彩な活動を展開しています。
 また、全国の都道府県に設立されている保険医協会により全国保険医団体連合会(保団連)が組織されています。保団連加盟団体の会員総数は医師6万5,044人、歯科医師4万462人で合わせて10万5,506人(2017年3月現在)です。
 保団連・東京保険医協会は、国政に対し医療・社会保険制度の充実を求めて、はたらきかけを行っています。

保険医の生活と権利を守る取り組み

東京保険医協会では、様々な角度から保険医や勤務医の先生の活動をサポートしています。

1.頼りになる「保険診療対策」

保険請求・審査・減点に関する疑問に電話でお応えします。
厚生局による医療機関への個別指導・新規指定医への個別指導に対する指導に関するご相談、帯同弁護士のご紹介も行っています。
毎月開催している「新規開業医講習会」では、保険診療の基礎、レセプト審査、経営税務の基礎知識を紹介しています。開業直後はもちろん、開業準備中の先生もぜひご参加ください。

2.困ったときの「医院経営サポート」

保険医協会では、医院経営に関する税務・労務・患者対応・トラブル対策などについてもご相談いただけます。保険医サポートセンター登録の税理士・社労士・建築士等の専門家と連携し、個別相談や顧問契約等も承ります。職員の方の労働保険手続きを代行する「労働保険事務組合」を安価な手数料でご利用いただけます。

3.安心の「共済制度」

病気や事故、老後の生活不安を取り除き、安心して診療に当たれるよう多彩な共済事業を営んでいます。

  • 保険医年金
  • グループ生命保険(団体定期保険)
  • 医師賠償責任保険
  • 保険医休業保障共済保険
  • 第2休業保障制度(団体所得補償保険・団体長期障害所得補償保険)

4.豊富な医療情報

月3回発行の東京保険医新聞・全国保険医新聞、月1回発行の雑誌「診療研究」、ホームページ等を通じて医療情勢、医療保険、請求問題、年金問題など、診療と医院経営に役立つ記事をより早く、より分かりやすくお伝えします。
「保険診療の手引」ほか、在宅医療、公費負担医療、届出医療などの請求事務、医療機関の経営税務・労務管理に関する書籍などの販売を行っています。

新規開業医講習会写真

5.多彩な活動

循環器研究会、糖尿病症例研究談話会、小児科研究会、中央講習会など、日常診療の向上から最新の知見まで幅広いテーマで研究会を開催しています。
2年に1度の診療報酬改定にあたっては都内数箇所で「新点数説明会」を開催。毎回延べ3,000人以上が参加しています。また、大きな医療制度改定の際にも会員向けの説明会を開催しています。
マイナンバーや税務調査、確定申告、人事労務など、医院経営をテーマにしたセミナーや一般市民の方も参加できる公開講座などもございます。
開業医会員については、医療機関スタッフの方もこれらの研究会・説明会にご参加いただけます(医師会員限定企画を除く)。

6.勤務医の相談窓口

 勤務医を対象にしたアンケートに基づき、労働環境の改善や医療訴訟リスクへの対応など、勤務医の先生方の要望や期待に応えられるような企画に取り組んでいます。

7.国、自治体、マスコミへの働きかけ

 国・都に対して医療制度の改善を求めるとともに、会員からの声を保険医の要求としてまとめ、国会・都議会議員に対して診療報酬・審査指導改善などの要望・要請活動を行っています。
また、医療の報道のあり方や医療現場の実態等について、新聞記者等と意見交換を行い、マスコミとの対話を広げています。

業務内容を見る

東京保険医協会の組織

東京保険医協会では、事業を円滑に行うために各会・各専門部・委員会が設けられています。

事務局は理事会を補佐し、日常業務を遂行するために設置されており、25人あまりの事務局員が勤務しています。

組織図画像

協会概要を見る

支部

東京保険医協会では、20の支部を設けています。入会した会員は当該地区の支部に所属します。
支部の会合では、医療を巡る情勢や地域の保健・医療・福祉行政の情報提供、日常診療に関する情報交換を通じて会員同士の親睦を深めています。

●中央支部(千代田区、中央区、台東区、文京区) ●港支部 ●城南支部(大田区、品川区) ●墨田支部 ●江東支部 ●荒川支部 ●足立支部 ●葛飾支部 ●江戸川支部 ●新宿支部 ●目黒支部 ●世田谷・渋谷支部 ●中野支部 ●杉並支部 ●北支部 ●板橋・豊島支部 ●練馬支部 ●北多摩支部 ●南多摩支部 ●西多摩支部

支部懇親会写真

支部情報ページを見る

勤務医の先生もぜひご入会ください。

東京保険医協会は、開業医中心の組織と思っている先生方も多いかもしれませんが、開業医と勤務医が手を取り合って協力し、医療崩壊を食い止める運動に取り組むために、「勤務医委員会」を設置しています。
現在、勤務医会員はおよそ800人です。
 勤務医を対象にしたアンケートに基づき、労働環境の改善や医療訴訟リスクへの対応など、勤務医の先生方の要望や期待に応えられるような企画に取り組んでいます。
会費は開業医会員の半額、月3,000円となります。ぜひご入会ください。

勤務医委員会ページを見る

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード