保険医の生活と権利を守る東京保険医協会

荒川支部

  • 荒川支部例会2016診療報酬や算定要件 国は「ヒト」に予算を(荒川)  荒川支部は10月25日、支部例会を開催し13人が参加した。  今回は、鶴田幸男会長を招いての開催となった。鶴田会長は、足立区で起きた外科医師の逮捕・不当勾留事件について、協会として早期釈放を求める理事会声明を発表し、10月14日には司法記者クラブで記者会見を行ったと報告し、早期釈放に向け協力いただきたいと強調した。  続い...支部荒川支部2016年11月15日
  • 荒川区議会議員と懇談2016荒川区議団と懇談 ワクチン問題など話題に(荒川)  荒川支部は9月29日、日本共産党荒川区議団と懇談した。区議団側から、斎藤くに子、安部キヨ子、相馬けんいち、横山幸次、小島和男、小林行男各議員の6人が、協会荒川支部から、石山哲也、小島靖、加藤薫各先生が参加した。  冒頭、協会資料に基づき23区のワクチン行政の実態と荒川区の実施状況が報告された。これを受け小児科の加藤先生から小...支部荒川支部2016年11月10日
  • 荒川支部例会の様子新設点数は絵に描いた餅か 厳しい算定要件も(荒川) 荒川支部は5月18日、支部例会を開催し、15人が参加した。今回のテーマは、「新点数改定Q&A」。講師は、申偉秀協会理事。 申理事は資料に基づき、「明細書発行体制加算(1点)、夜間早朝等加算(50点)は届出不要となったが、引き続き基準を満たす必要がある」、「ニコチン依存症管理料は1日の喫煙本数・喫煙年数≧200の要件が廃止、未成...支部荒川支部2016年06月15日