保険医の生活と権利を守る東京保険医協会

支援募金を呼びかけ―沖縄県保険医協会「沖縄県知事選挙有志の会」

公開日 2018年09月14日

辺野古・キャンプシュワブ沿岸沖縄(写真:沖縄ドローンプロジェクト)

沖縄県保険医協会の仲里尚実会長が代表を務める「沖縄県知事選挙有志の会」が、沖縄県知事選挙(9月13日告示、30日投開票)への支援募金を全国の保険医協会・医会に呼びかけています。

有志の会は、県民の健康、生命を守る医師・歯科医師の立場から、「普天間基地閉鎖、撤去、新基地建設反対」を公約に掲げ、急逝した翁長雄志沖縄県知事の後継者である玉城デニー候補(オール沖縄)を支援することを決定しました。辺野古埋め立てによる新基地建設を中止に追い込むために全力を尽くすとしています。

「沖縄県知事選挙有志の会」の呼びかけに賛同いただける方は、下記支援募金振込先をご参照ください。

◎沖縄県保険医協会「沖縄県知事選挙有志の会」支援募金の振込先
 琉球銀行(0187)石嶺支店(323)
 普通預金 口座番号 496219
 名義   仲里尚実(ナカザトナオサネ)
◎問合せ  東京保険医協会事務局( TEL:03-5339-3601)
      または沖縄県保険医協会「沖縄県知事選挙有志の会」(TEL:098-832-7813)まで。

東京保険医協会は、沖縄県保険医協会の仲里尚実会長に東京保険医新聞に寄稿いただくなど、沖縄の現状を会員に知らせる取り組みを継続して行ってきました。

(『東京保険医新聞』2018年9月15日号掲載)