保険医の生活と権利を守る東京保険医協会

私たちの考え

  • 【談話】2019年参院選に臨んで東京保険医協会 政策調査部長 須田 昭夫  参議院の2分の1を改選する時期が来た。  国政には年金、消費税、憲法、原発、など、積年の課題が目白押しだが、国政にとって最も重要な予算委員会が、ほぼ4カ月も開催されなかったのは不審だ。政府の発言は抽象的で、対話を拒絶する印象がある。国民に説明する姿勢にはふさわしくない。数々の隠ぺい、捏造、改ざん...談話・アピール政策調査部2019年07月17日
  • 【主張】骨太の方針2019と財政審建議に抗議する 財政制度等審議会の財政審建議(「令和時代の在り方に関する建議」)を受けた政府は、6月21日「骨太の方針2019」を閣議決定した。経済財政運営の基本方針とする。  骨太の方針は「全世代型社会保障」を掲げるが、その内容は患者の自己負担をさらに増やし、保険給付を減らすものとなっている。 社会保障をさらに削減  財政審建議は、社会保険での「給付...主張2019年07月03日
  • 【声明】政府による年金詐欺に断固抗議する2019年6月10日 政府による年金詐欺に断固抗議する 東京保険医協会 政策調査部長 須田 昭夫  金融庁の金融審議会は6月3日、「高齢社会における資産形成・管理」の報告書を発表した。その内容を端的にまとめると、「人生100年時代にあたり、公的年金の給付水準は今後低下していき、税・保険料の負担も増加していく。公的年金だけで老後の生活...声明・決議政策調査部2019年07月02日
  • 【声明】「医療事故」の定義は国会でしか変えられない【声明】「医療事故」の定義は国会でしか変えられない 2019年6月28日 一般社団法人 東京都保険医協会 代表理事  鶴田 幸男  東京保険医協会 勤務医委員会委員長  細田  悟     「医療事故」の定義は長期間の議論の後、医療事故調査制度にかかる医療法の改正に盛り込まれ、同法は2014年6月18日に成立した。医療法第...声明・決議勤務医委員会2019年07月01日
  • 【主張】景気動向が「悪化」する中での消費税増税は中止すべき これまで2回行なわれた消費税増税は、いずれも景気を「好景気」「回復期」と判断した時期に実施されていた。しかし、3月の景気動向指数の基調判断は「悪化」の局面であり、消費税増税は無謀と言える。  4月の消費動向調査では消費者心理の明るさを示す消費者態度指数が7カ月連続で悪化している。主因は耐久消費財の購入意欲の後退である。  3月の毎月勤労統...主張2019年06月28日
  • 【主張】医療保険関連法成立に抗議する マイナンバーカードの保険証利用を可能にする「医療保険関連法(医療保険制度の適正かつ効率的な運営を図るための健康保険法等の一部を改正する法律)」が衆議院での約10時間の審議の後、参議院でこの5月に成立した(下表)。  この法律の主要なポイントは次の3点である。①保険証だけでなくマイナンバーカードを使用しオンラインでの資格確認ができるようにする。②...主張2019年06月20日
  • 【パブリックコメント】パリ協定に基づく成長戦略としての長期戦略(仮称)(案)に関する意見2019年5月15日 環境省地球環境局総務課 低炭素社会推進室 御中 パリ協定に基づく成長戦略としての長期戦略(仮称)(案)に関する意見 [案件番号:195190002] 東京保険医協会 公害環境対策部長 赤羽根 巌 〒160-0023 東京都新宿区西新宿3-2-7 KDX新宿ビル4階 TEL:03-5339-3601 /...パブリックコメント公害環境対策部2019年06月03日
  • 【主張】新専門医制度と開業制限を考える 大学病院には多数の診療科がそろっていて百貨店のようだが、一診療科当たりの病床数はあまり大きくできず、一人の医師が受け持つ患者数は少ない。一方、市中病院は、診療科の数や大きさを絞って特色を出し、専門店のような診療ができる。受診者数が多く、診療水準が大学を超える市中病院も珍しくない。若い医師にとって、多くの症例を経験できる市中病院や専門病院の魅力は大きい...主張政策調査部2019年05月21日
  • 東京保険医協会 第99回 定時総会決議東京保険医協会 第99回 定時総会決議  私たちはいのちと健康を守る医師として、国民皆保険を守り、すべての人々が尊厳を保って幸せに暮らせる社会の実現を目指しています。しかし2013年度以降の7年間で、4兆2,700億円もの社会保障費が削減されました。また2014年の消費税増税後、家計の消費支出は年間25万円も落ち込んで回復せず、国民生活基礎調査で...声明・決議総会・評議員会2019年04月09日
  • 【主張】2019年度 東京都予算を考える歳出額は過去最大 東京都の2019年度当初予算案が都議会定例会で審議されている。一般会計歳出総額は、2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピックの準備等により、2018年度比4,150億円増の7兆4,610億円となり、過去最大となっている(これまでの最大は1992年度の7兆2314億円)。 予算規模が大きくなった理由の1つは、東京...主張2019年04月01日