論説・コラム

  • 於曽能先生写真【これを使う】[コロナ禍での診療を考える]⑧コロナ禍での当院の対応コロナ禍での診療を考える⑧ コロナ禍での当院の対応 おその整形外科 於曽能 正博  COVID―19第1波襲来時、当院では11年前の新型インフル襲来時に準備するも使用しなかった受付の厚手ビニールカーテンおよびPPE(マスク・手袋・ガウン・ヘアキャップ・ゴーグル)を引っ張り出し、職員にも装着させた。マスク・消毒薬・ガウンはすぐになくな...コラム2020年12月23日
  • 20201126SS00001[視点]コロナ禍は米社会の分断を終わらせるか?コロナ禍は米社会の分断を終わらせるか?                       京都精華大学 人文学部 総合人文学科専任講師 白井 聡     米国のコロナ対応失敗が物語るもの  この原稿を書いている今日(2020年11月3日)は、米大統領選挙の投票日だ。「ドナルド・トランプ氏は敗北を絶対に認めないのではないか」、「...論説・視点2020年11月26日
  • 奈良岡先生【こっち使う】[シリーズ]コロナ禍での診療を考える⑦コロナ禍での診療を考える⑦ 緊急事態宣言から今日までスタッフ・患者さんと共に 樹のはなクリニック 奈良岡 美惠子  2020年1月中国で原因不明の肺炎患者が出たと報道され他人事のように思っていると、2月になりダイヤモンドプリンセス号での船内感染が連日報道されました。3月になり東京で感染者が急増しはじめ、世田谷区在住の方が大阪のライブ...コラム2020年11月26日
  • PC120626[シリーズ]コロナ禍での診療を考える⑥コロナ禍での診療を考える⑥ コロナは西へ 双葉会診療所 片倉 和彦  田舎の一本道は、普段はすいているのですが、ちょっとなにかあるとばたばたと渋滞してしまいます。当診療所もちょっとなにかあるとばたばたしてしまいます。  昨日はこういうことがありました。新たに発熱した特養の利用者にコロナ抗原検査を施行して、28分後に判定した時に...コラム2020年11月26日
  • 大桃先生[特別寄稿]新型コロナウイルス受け入れ 最前線からの報告   新型コロナウイルス受け入れ 最前線からの報告  医)直和会 平成立石病院 地域救急医療センター 大桃 丈知  新型コロナウイルス感染症は、今もなお医療業界だけでなく日本経済全体に大きな影を落としている。  思い返すと2019年12月の時点では、まだ対岸の火事だった。当法人は1月末に中国武漢から帰国した邦人の一...論説・視点2020年11月11日
  • 【写真】丸本百合子先生[シリーズ]コロナ禍での診療を考える⑤コロナ禍での診療を考える⑤ 変わりはじめた日常 百合レディスクリニック 丸本 百合子  6月頃までは来院者が激減していたが、9月に入り子宮頚がん検診も始まり、患者さんは戻りつつある。診療所は常に病院との連携が必要だが、5月頃は近隣の基幹病院で相次いで新型コロナの院内感染が発生し、外来の縮小・閉鎖、分娩予約の縮小、手術の延期などの対策...コラム2020年10月13日
  • 1607消夏号座談会から[寄稿]原爆と非人道的な政治原爆と非人道的な政治 須田 昭夫(新宿区・須田クリニック)  「広島と長崎への原爆投下は、第2次世界大戦の終結を早め、多くの米兵らの命を救った」とする通説がある。しかし「米国の指導者たちは、原爆を投下する必要がないことを知っていた」とする寄稿が、8月5日の米紙ロサンゼルスタイムズに掲載された。  寄稿は歴史家のガー・アロペロビ...論説・視点2020年10月07日
  • 20200925SS00001[視点]無症状感染者と感染症法改正無症状感染者と感染症法改正                       NPO法人医療ガバナンス研究所 理事長 上 昌広  厚労省が感染症法の見直しを進めている。本稿では、その問題点を指摘し、あるべき見直しについて議論したい。 5類への引き下げは公的責任の放棄につながる  厚労省が取りかかったのは、新型コロナウイルス(以下...論説・視点2020年09月25日
  • P3220282[シリーズ]コロナ禍での診療を考える④コロナ禍での診療を考える④ 禍・禍・禍 小松川医院 田﨑 ゆき 「コロナ禍」とは、新型コロナウイルスが招いた災難や危機的状況を指す言葉、だそうだ。  零細開業医にはまず、早春から初夏にかけてのマスクやアルコールの品薄がソレだった。2月初旬に備蓄を追加しようとした時にはもはや手遅れ。2月中旬以降、卸からは全く入らなく...コラム2020年09月25日
  • 川口有美子様写真[視点]京都ALS患者の嘱託殺人事件で思い出したこと京都ALS患者の嘱託殺人事件で思い出したこと NPO法人ALS/MNDサポートセンターさくら会 副理事長 川口 有美子 医学的判断と主観境界線はどこに  京都在住のALS患者、林優里さんが医師による嘱託殺人で亡くなっていた。その事件をきっかけに、安楽死合法化を求める声が一部で高まりをみせている。  林さんに死...論説・視点2020年09月24日