保険医の生活と権利を守る東京保険医協会

消費税増税に伴う10月診療報酬改定に係る点数告示が発出されました。こちらからご覧ください。
あわせて、疑義解釈(その1)も発出されています。内容は、消費税増税に伴う差額ベッド代等に係る同意についてです。
厚生労働省のWebサイトもあわせてご参照ください。

ピックアップ

  • 第17回ざっくばらんに語る会
  • 毎月開催♪新規開業医講習会
  • 特養あずみの里裁判 支援のお願い
  • 知っトクパンフ改訂版が出ました!

保険医ウェブ美術展

  • 特養あずみの里裁判 支援のお願い
  • 減点対策
  • 個別指導対策
  • 2018年診療・介護報酬改定情報

新着情報

研究会・催し物 新着情報一覧

東京保険医協会の主張

  • 【主張】骨太の方針2019と財政審建議に抗議する2019年07月03日 財政制度等審議会の財政審建議(「令和時代の在り方に関する建議」)を受けた政府は、6月21日「骨太の方針2019」を閣議決定した。経済財政運営の基本方針とする。  骨太の方針は「全世代型社会保障」を掲げるが、その内容は患者の自己負担...
  • 【主張】景気動向が「悪化」する中での消費税増税は中止すべき2019年06月28日 これまで2回行なわれた消費税増税は、いずれも景気を「好景気」「回復期」と判断した時期に実施されていた。しかし、3月の景気動向指数の基調判断は「悪化」の局面であり、消費税増税は無謀と言える。  4月の消費動向調査では消費者心理の...

書籍紹介