保険医の生活と権利を守る東京保険医協会

葛飾支部総会を開催―届出や算定要件見直し、事務の煩雑化を懸念

公開日 2020年03月13日

 葛飾支部は2月14日、笹鮨(青砥)で支部総会を開催し、会員・従業員ら11人が参加した。

 石垣宏支部長が「診療報酬改定の内容を確認し、4月からの算定に備えたい」と挨拶し、次期支部役員と来年度の活動計画を確認した。その後、4月からの新点数最新情報について、2月7日の中医協の改定諮問案答申に基づき事務局が話題提供した。

 今次改定は、かかりつけ医機能、医療機関や多職種での連携強化、オンライン診療を推進したい政府の意図が読み取れる。また、小児科外来診療料の届出が必要となるなど、一部の点数で届出や診療録への記載が算定要件に加わり、事務作業の煩雑化も懸念される。

 参加者からは「改定内容が判然としない」「政府は本体部分でプラス改定を謳っているが、届出をしていない医療機関には無関係の点数ばかりだ」「患者にとっても、医療機関にとっても負担を強いられている現状が全く改善されていない」との意見が出た。

 さらに、前日に千葉県で国内初の死亡者が出るなど、日本でも感染者が相次いでいる新型コロナウイルスについても、議論が盛り上がった。「医療機関としてどのように対応すればよいのかわからない」「指揮系統がばらばらで国内の対応が遅れているのは問題だ」など、感染拡大を危惧する声が多く出た。

 最後に平瀬悦子副支部長が、「診療報酬改定における通知が後から次々と出される現状は改善されるべきだ。今後も支部例会を通じて、様々な話題を取り上げたい」とまとめた。

 

katsusika

(『東京保険医新聞』2020年3月5日号掲載)