保険医の生活と権利を守る東京保険医協会

9/20(水) 日常診療に役立つ梅毒の「い・ろ・は」【南多摩支部主催】

公開日 2017年08月22日

今、梅毒が流行しています。若い女性の中でも感染が広がっており、日本における梅毒は厳しい段階となっているのです。この大きな流行を止めるためには、医療現場において早期診断・治療をすすめることが必要です。本講義では、梅毒の診断、治療、患者説明など、明日からの診療にも役立つポイントを解説します。

日時

9月20日(水)19時45分~21時15分

講師

今村 顕史 氏
がん・感染症センター 都立駒込病院 感染症科 部長/感染対策委員長

会場

パルテノン多摩 第二・第三会議室(4F)
 京王線・小田急線・多摩モノレール 多摩センター駅下車 徒歩5分
 (〒206-0033 東京都多摩市落合2-35/TEL: 042(375)1414)

対象

会員医師・家族・医療機関スタッフの方
南多摩支部以外の会員の先生方もご参加いただけます!!

参加費

無料

申込み

※当該研究会のお申し込みの受付は終了いたしました。

主催・問合せ

協会南多摩支部 担当:市川
TEL:03(5339)3601/FAX:03(5339)3449

地図

会場地図