保険医の生活と権利を守る東京保険医協会

私と保険医協会「数え上げたら切りがない 協会のメリット」

公開日 2018年04月20日

180415_01_大島早希子先生(板橋区)

数え上げたら切りがない 協会のメリット
大島 早希子(板橋区)

私は2017年6月開業したばかりの新米開業医です。開業の際は勤務医ではわからないことが本当にたくさんあり、今もまだ右往左往しているので、なんでもお聞きできる東京保険医協会に多くの場面で頼っているところです。

保険請求や行政とのやり取り、開業医の在り方等への助言、雇用保険の事務作業など、数え上げれば切りがありません。特に診療受付時に発生する問題は職員が対応するため、職員からの相談にも懇切丁寧かつ正確にご対応くださる保険医協会は職員に大変好評で助かっています。

制度だけでなく、新規加入医師対象の歓迎会にご招待頂いた際は、理事の先生方や職員の方に温かく迎えて頂き、開業の労をねぎらって頂きました。また、何かあれば相談に乗ってくださる旨も優しくおっしゃって頂き、開業の世界が右も左もわからない若輩者にとってはまさに一筋の光明と感じています。

厚生局による新規開業への指導には、今から戦々恐々としていますが、保険医協会の方からはそちらの相談にも乗っていただけるという温かいお言葉を頂戴しており、今はそれが心のよりどころです。

勤務医である夫も休業保障保険でお世話になっており、今後は生命保険や年金も一般のものより好条件のため利用させていただく予定です。

これだけ色々なメリットがありながら強制することがないところも協会の懐の深さを感じます。まだこの恩恵に授かっていない先生方にはぜひ入会をお勧めしたいです。

(『東京保険医新聞』2018年4月15日号PR版掲載)