保険医の生活と権利を守る東京保険医協会

私と保険医協会

  • 竹内先生P私と保険医協会「幼少期からのお付き合い」 「幼少期からのお付き合い」 竹内 真弓(多摩市) 私と保険医協会のお付き合いは幼少時にさかのぼります。私の実家は大阪で、父は保険医協会や保団連の活動に熱心にかかわっていた竹内治一といいます。ですから家ではいつも「ホケンイキョウカイ」という言葉が飛び交っておりました。 私が医師となり、神奈川県で研修をしていた際に「会員を増やすキ...私と保険医協会2018年12月04日
  • 180415_01_大島早希子先生(板橋区)私と保険医協会「数え上げたら切りがない 協会のメリット」 数え上げたら切りがない 協会のメリット 大島 早希子(板橋区) 私は2017年6月開業したばかりの新米開業医です。開業の際は勤務医ではわからないことが本当にたくさんあり、今もまだ右往左往しているので、なんでもお聞きできる東京保険医協会に多くの場面で頼っているところです。 保険請求や行政とのやり取り、開業医の在り方等への助言、雇...私と保険医協会2018年04月20日
  • 桑原敏樹先生(新宿支部長)私と保険医協会「“レセプト作成アドバイスだけじゃない”協会は魅力がいっぱい」 新宿支部長 桑原 敏樹 わたくしが東京保険医協会へ入会した目的は、外来の保険請求のやり方、月末のレセプト作成での疑問点を問い合わせすることでした。そのため、はじめの頃は分からないことがあると、すぐに保険医協会に電話をかけ、親切な対応をしていただき助かりました。 しかし協会の魅力はそれだけではありませんでした。月に3回送ら...組織部私と保険医協会2017年09月08日
  • 須田先生私と保険医協会「保険医新聞で疑問氷解“何とかしなくちゃ”とすぐ入会」 新宿区 須田 昭夫  私は開業以来、仕事に追われて休みも取らず、世間を見ない生活を続けておりました。そんなある時(2006年)、「コーキコウレイ」ということばが使われだしました。「好機恒例?」などと思っていると、「高齢者の医療の確保に関する法律」に基づき、75歳以上を対象とする医療制度ができるのだということでした。高齢者の医療が確保される...コラム私と保険医協会2017年04月06日
  • 入会のおすすめPR会員の声私と保険医協会2016年04月07日
  • 私と保険医協会「わたしを支えた2つの研究会 保険医協会あっての開業医活動」画像私と保険医協会「わたしを支えた2つの研究会 保険医協会あっての開業医活動」 大学研究室より、病院勤務の経験のないまま、1980年(昭和55年)無謀にも開業医となった。当然保険診療を全く理解していない。途方にくれていた筆者に助けの手を差しのべてくれたのは、地域医師会ではなく東京保険医協会であった。 やがて糖尿病症例研究談話会の世話人の大役をおおせつかり、約30年務めさせていただいた。談話会の内容は診療研究【糖尿...私と保険医協会2015年10月05日
  • 私と保険医協会「『味方がいる!!』と実感――保険医協会へのご入会をお勧めします」画像私と保険医協会「『味方がいる!!』と実感――保険医協会へのご入会をお勧めします」 患者と対面することなく画像診断医としてフィルム(画像)に向き合って20年以上過ごしてきたが、ひょんなことから開業することになった。カルテとレセプトを書いた経験はほとんどなかった。親戚に医療関係者はおらず、妻も医療関係の経験はない。こんな時、母親が自宅で療養していて、診てもらっていた先生に勧められて保険医協会を知ったのがはじまりだった。 ...私と保険医協会2015年04月25日
  • 私と保険医協会「保険医協会は開業医の味方です」画像私と保険医協会「保険医協会は開業医の味方です」 本好きだった父が読んでいた雑誌のなかに、専門的過ぎずわかりやすい雑誌が2つありました。1つは『医事新報』、もう1つが保険医協会の雑誌『診療研究』でした。 当時、勤務医だった私は開業事情に疎く、保険医、保険診療という言葉も、言葉としては知っていても何か遠い別世界の話だったので、父に訊いたことがあります。「保険医協会って何?」と。その時の...私と保険医協会2014年09月05日
  • 私と保険医協会「バラエティーに富んだ活動が魅力」画像私と保険医協会「バラエティーに富んだ活動が魅力」 私と保険医協会との出会いは13年前になります。当時、大学病院に勤務していた私は、医療行政や健康保険のシステムについて全く知りませんでした。大学病院を辞し、父の医院を継承することになり、父から「保険医協会に入っておくといいよ」といわれて入会し、新規開業医セミナーや新点数説明会に参加しました。参加のたびに事務局の方にお声かけいただき、心強く思っ...新着情報私と保険医協会2013年04月15日