保険医の生活と権利を守る東京保険医協会

【社保情報】冬季の感染症、算定上の留意点《会員専用ページ》

公開日 2018年12月26日

冬は感染症の流行する季節である。冬季に算定が増加する検査点数等の算定要件について紹介する。『保険点数便覧 2018年4月改定』(東京保険医協会発行)のページ数を付記するので、レセプト作成時に改めてご確認いただきたい。

(1)RSウイルス抗原定性(142点)の算定要件(p.411)

その他、

(2)インフルエンザウイルス抗原定性(143点)の算定要件(p.411)
(3)ノロウイルス抗原定性(150点)の算定要件(p.411)
(4)タミフルカプセル、タミフルドライシロップ、リレンザ、イナビルおよびゾフルーザの予防投与要件(p.509・511)

についての解説を掲載しています。記事全文は、会員限定ページをご覧ください。

会員専用ページ

画面右上のMENUボタンから「会員専用ページ」にアクセスいただけます。

※会員専用ページをご覧いただくには、IDとパスワードを入力していただく必要があります。
 ホームページについてのご質問は、協会 情報通信システム部(03-5339-3601)まで

(『東京保険医新聞』2018年12月25日号掲載)