保険医の生活と権利を守る東京保険医協会

私と保険医協会「東京保険医協会を体験してみてください」

公開日 2019年09月10日

「東京保険医協会を体験してみてください」

葛飾区 平瀬 悦子 

平瀬先生 写真

 私は、開業医の娘として生まれ、必然的に父の後を継ぐ宿命のもとに過ごしてまいりました。

 ある日突然、父が倒れました。数日後から引き続き外来を開かなくてならなくなり、急に一開業医としての生活が始まりました。当院は、父がレセプト作成、給料明細まですべて一人で(一部母も手伝っていましたが)していたため、私は右も左もわからないままで始めなくてはなりませんでした。

 そこに、力強い味方として登場してくださったのが東京保険医協会でした。担当の方は、「私たちはいつも先生の味方です」と、安心できる笑顔で迎えてくださいました。本当に心強かったことは今も忘れられません。

 協会が定期的に開催してくださる葛飾区の支部例会、支部総会にもできるだけ出席させていただいております。いつも時流に沿った情報、自分だけではわからない厚労省からの通達、保険診療の内容をわかりやすく解説してくださり、大変勉強になっております。

 また、日常診療での算定の仕方や、レセプト作成上でわからないことを電話で伺うと、ほとんどその場で回答していただけるのも大変助かっております。

 最近は人事の難しさを実感しております。きっと皆様も同じようなお悩みをお持ちかと思いますが、この問題にも実例も含めたアドバイスをいただけてありがたいです。

 こんなにも特典がいっぱいあって、会費が月に6千円(勤務医会員は3千円)というのは素晴らしいと思います。

 まだ入会を迷っている先生がいらしたら、一度入会してみてください。損はありませんよ。

 ぜひ、東京保険医協会を体験してみてください。お勧めいたします。

(『東京保険医新聞』2019年9月5日号PR版掲載)