保険医の生活と権利を守る東京保険医協会

【社保情報】10月診療分から義務化 レセプト電算処理システム用コード入力

公開日 2020年10月08日

 2020年度診療報酬改定では、電子レセプト請求の場合に選択して入力するためのレセプト電算処理システム用コードが大幅に追加され、2020年10月診療分(11月請求分)から選択して入力することが義務化される。以下、協会への問い合わせの多い項目を例示する。

 詳細は、『保険点数便覧2020年4月版』1494頁以降、もしくはレセプト記載要領通知[PDF:2MB]の102枚目以降を参照されたい。

区分 診療行為名称等 記載事項 レセプトコード 左記コードによるレセプト表示文言
C002
C002-2
在宅時医学総合管理料
施設入居時等医学総合管理料
当該月において往診又は訪問診療を行った日を記載する。 850100106 往診又は訪問診療年月日在医総管);
(元号)yy"年"mm"月"dd"日"
850100107 往診又は訪問診療年月日施医総管);
(元号)yy"年"mm"月"dd"日"
(単一建物診療患者が2人以上の場合)その人数を記載する。 842100035 単一建物診療患者数(在医総管);
******
842100036 単一建物診療患者数(施医総管);
******
D215 超音波検査(記録に要する費用を含む)
2 断層撮影法心臓超音波検査を除く)
ロ その他の場合
(1)胸腹部
検査を行った領域を記載する。 820100681 超音波検査(断層撮影法)(胸腹部);
ア 消化器領域
820100682 超音波検査(断層撮影法)(胸腹部);
イ 腎・泌尿器領域
820100683 超音波検査(断層撮影法)(胸腹部);
ウ 女性生殖器領域
820100684 超音波検査(断層撮影法)(胸腹部);
エ 血管領域(大動脈・大静脈等)
820100685 超音波検査(断層撮影法)(胸腹部);
オ 腹腔内・胸腔内の貯留物等
820100686 超音波検査(断層撮影法)(胸腹部);
カ その他
(カに該当する場合)具体的な臓器又は領域を記載する 830100144 具体的な臓器又は領域;
******
区分 診療行為名称等 記載事項 レセプトコード 左記コードによるレセプト表示文言
F200
F400
薬剤等
〈入院外分〉
処方箋料
(ビタミン剤を投与した場合)当該ビタミン剤の投与が必要かつ有効と判断した趣旨を記載する。ただし、病名によりビタミン剤の投与が必要かつ有効と判断できる場合はこの限りではない。 830100202 ビタミン剤の投与趣旨(薬剤等・処方箋料);
******
(臨時薬を追加投与し、その結果投与する内服薬が7種類以上となる場合)臨時薬の投与の必要性を記載する。ただし、病名によりその必要性が判断できる場合は、この限りでない。 830100203 臨時薬の投与の必要性(薬剤等・処方箋料);
******
(湿布薬を投与した場合)所定単位当たりの薬剤名、湿布薬の枚数としての投与量を記載した上で、湿布薬の枚数としての1日用量又は投与日数を記載する。 830100204

湿布薬の1日用量又は投与日数(薬剤等・処方箋料)

******

(1回の処方において、70枚を超えて湿布薬を投与した場合)当該湿布薬の投与が必要であると判断した趣旨を記載する。 830000052 70枚を超えて湿布薬を投与した理由;

(『東京保険医新聞』2020年10月5日号掲載)

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード