保険医の生活と権利を守る東京保険医協会

第2休業保障制度(団体所得補償保険)

普及期間:随時申込み受付中 【加入資格】 79歳までの会員及び会員医療機関の従業員(継続は84歳まで)

  • 傷病で働けなくなったとき、収入ダウンをカバーします
  • 加入にあたって医師の診査は不要
  • 福利厚生費として損金扱い可能(医師、職員が全員加入の場合)
一口あたりの月額保険金額画像

※80歳以上は継続のみとなります。

※A2、C2、D2セットにご加入の方の補償内容等は、東京保険医協会にお問合せください。

給 付 金 所得の範囲内で支払
重複受給 他の所得補償保険に加入の場合
通算して所得の範囲内で支払
保険料(掛金)と保険金 加齢により1口あたりの保険金額
が変化(保険料は1口1,000円)
加入年齢 新規・増口は79歳まで
更 新 1年毎の自動更新
支払限度日数は通算1000日
加入資格 会員および会員医療機関の職員
税務関連 ・介護医療保険料控除の対象
・職員全員加入させた場合、 損金(経費)扱いが可能
返 戻 掛け捨て
免責期間 A1、C1、D1セット:4日(入院時は0日)
Bセット:365日

会員限定共済制度資料請求・予約申込はこちら