保険医の生活と権利を守る東京保険医協会

1/17(水) 第435回循環器研究会「誰も教えてくれない抗血栓療法の秘訣-いかに出血させずにサラサラにさせるか?-」

公開日 2017年11月27日

日時

2018年1月17日(水) 19:30~21:00

概要

脳梗塞の予防には抗血栓療法が不可欠です。血液をサラサラにする抗血栓療法には、薬効そのもので一定割合の出血合併症が出現する宿命がついて回ります。量を減らしたり、「弱い」作用の薬剤を選択したりすれば出血合併症は予防できるのでしょうか?

いえいえ、そんな単純なことではありません。日本人は出血も起こしやすいですが、脳梗塞も起こしやすい特性があります。下手に治療を弱くすれば出血合併症は減らずに脳梗塞だけ増える危険性があるのです。本公演では脳卒中専門医の立場から、私なりの抗血栓療法の秘訣をすべてお示ししたいと思います。(長尾)

講師

長尾 毅彦 氏(日本医科大学多摩永山病院 脳神経内科部長)

会場

東京保険医協会セミナールーム

参加費

会員:無料/会員外:3,000円

申込み

「1/17 循環器研究会申込み」として、①医療機関名、②会員名、③参加人数、④電話番号、⑤FAX番号をご記入のうえ、FAX(03-5339-3449)までお送りください。

※東京保険医協会会員の方はメールフォームからもお申込みを受け付けています。こちらからどうぞ。

問合せ

協会循環器研究会 担当:中嶋
TEL:03-5339-3601 / FAX:03-5339-3449

地図

会場地図

関連ワード