保険医の生活と権利を守る東京保険医協会

3/10(土) 審査問題研究会「支払基金業務効率化計画で示された支払基金『改革』のねらい」

公開日 2018年02月27日

日時

2018年3月10日(土)18:30~20:00

講師

平岡 信彦 氏(全基労中央執行委員長)

概要

政府が進める医療費削減政策の一環として2017年7月、支払基金業務のあり方を大きく変える「データヘルス改革推進計画」と「支払基金業務効率化計画」が策定されました。改革の工程表が示され2017年度から21年度までの今後5カ年で、支払基金はレセプト審査の9割をAIもフル活用しコンピュータで完結することを目指しています。さらに膨大なレセプトデータを生命保険会社や製薬会社に提供していくこと等も検討されています。支払基金「改革」は、何をもたらすか。統一的なコンピュータチェックルールの拡大、審査基準の統一化で審査は今後どう変わるのか。支払基金の現場に従事する平岡氏をお招きし、参加者とともに考えていきたいと思います。

会場

協会セミナールーム

参加費

無料(協会会員限定)

申込み

「3/10 審査問題研究会申込み」として、①会員名、②医療機関名、③電話番号、④FAX番号を明記し、FAX(03-5339-3449)でお申し込みください。

※ 東京保険医協会会員の方はメールフォームからもお申込みを受け付けています。 こちら からどうぞ。

主催・問合せ

協会・審査指導対策部
TEL:03-5339-3601 / FAX:03-5339-3449

1×1px

地図

会場地図