保険医の生活と権利を守る東京保険医協会

荒川支部総会を開催―口コミサイト対策、経営リスクを意見交換

公開日 2019年04月01日

190315_03_arakawa

 荒川支部は2月25日、ホテルラングウッドで支部総会を開催し、12人が参加した。

 今回のテーマは「突然ふりかかる“人生崩壊のリスク”に備える」、講師には、永田裕一氏(Gift Your Life株式会社東京支社長)を招いた。

 医療機関を対象とした口コミサイトで「★1つ」が付けられ、マイナスの評価が書かれることがある。永田氏は対応として、①まずはオーナーコメントを出し、行き届かなかった点があれば、それに寄り添ったコメントを記入する。

 次に、②あまりに現実とかけ離れた悪意のある書き込みがされた場合は、削除請求を出す。そして、③悪意のある書き込みが繰り返される場合は、費用と手間はかかるが書き込んだ個人の特定を行い損害賠償請求を行う、と解説した。

 また、医師を取り巻く詐欺案件では、最近は仮想通貨詐欺がある。口車に乗せられ1千万円を投資したが、ペーパーカンパニーで全く実態がなかったという例。さらには「先生と合同で会社を興したい」という詐欺事例。会社設立後すぐ倒産し、投資した金銭は騙し取られてしまったというものだ。

 永田氏は、投資被害を防ぐ手立てとして、「正規の投資運用業の資格をもった人と取引をすること」を強調した。

(『東京保険医新聞』2019年3月15日号掲載)