保険医の生活と権利を守る東京保険医協会

7/17(水) 第442回循環器研究会「大災害のとき一般住民に多発する静脈血栓塞栓症( エコノミークラス症候群)の予防と治療」

公開日 2019年06月03日

日時

2019年7月17日(水) 19:15~21:30

概要

 新潟県中越地震後の車中泊による肺塞栓症死亡が多発した。この教訓を伝えてきたが熊本地震で肺塞栓症による死亡を予防できなかった。その理由は車中泊の普遍性と危険性が軽視されていたこと、避難所環境レベルが低いことである。そこでイタリア避難所と比較した避難所環境改善を含めた災害後の静脈血栓症の予防と治療について述べる(榛沢)。

講師

榛沢  和彦  氏(新潟大学医歯学系先進血管病・塞栓症治療・予防講座特任教授)

会場

東京保険医協会セミナールーム

参加費

会員:無料/会員外:3,000円

申込み

「7/17 循環器研究会申込み」として、①医療機関名、②会員名、③参加人数、④電話番号、⑤FAX番号をご記入のうえ、FAX(03-5339-3449)までお送りください。

※東京保険医協会会員の方はメールフォームからもお申込みを受け付けています。こちらからどうぞ。

備考

日医CC 10チーム医療、14災害医療

問合せ

協会循環器研究会 担当:滝沢
TEL:03-5339-3601 / FAX:03-5339-3449

地図

会場地図

関連ワード