保険医の生活と権利を守る東京保険医協会

7/15(水) 第446回循環器研究会「身近な下肢静脈血栓・知りたい下肢静脈瘤」

公開日 2020年06月30日

日時

2020年7月15日(水)19:45~21:30

概要

 地震や水害などの大規模自然災害を契機に発症する所謂エコノミークラス症候群や、悪性腫瘍に伴う深部静脈血栓症などが、身近な下肢静脈血栓症として注目されている。エコノミークラス症候群はshelter death として、悪性腫瘍に伴うものはTrousseau症候群として、古くから知られている病態である。これらの疾患の危険因子の一つとして下肢静脈瘤があるが、レーザ焼灼術の導入により安価な低侵襲治療が容易になった(重松)。

講師

重松 宏 氏 氏(都庁前血管外科・循環器内科)

会場

東京保険医協会セミナールーム

会場定員

40人

参加費

会員:無料

申込み

「7/15(水) 第446回循環器研究会 申込み」として、① 医療機関名、② 会員名、③ 参加人数、④ 電話番号、⑤ FAX番号をご記入のうえ、FAX(03-5339-3449)までお送りください。

※東京保険医協会会員の方はメールフォームからもお申込みを受け付けています。こちらからどうぞ。

【新型コロナウイルス対策】

マスクの着用をお願いいたします。常時換気を実施し、定員に制限を設け、「3密」を避けて開催いたします。
また、感染拡大状況に鑑み、試行的に「Zoom」を併用して開催いたします。
※ web参加ご希望の先生方には、申込みメールアドレス宛に後日参加URL等をご案内します。

問合せ

協会循環器研究会 担当:刈谷
TEL:03-5339-3601 / FAX:03-5339-3449

地図

会場地図

関連ワード