保険医の生活と権利を守る東京保険医協会

杉並支部

  • 〔杉並版〕「針刺し/血液曝露事故マニュアル」キッカケは協会の感染症研究会エイズ拠点病院と24時間連携 協会杉並支部長  加藤 章(杉並区・成宗診療所) きっかけは2016年6月に開催された東京保険医協会の感染症講習会である。演題名は「医療従事者が針刺し損傷を受けた場合の対応」。講師は荏原病院の大西健児先生でした。 針刺し損傷への対応としての同意書を《会員専用ページ》にて公開して...ニュース杉並支部労働保険事務組合2017年09月08日
  • 170630_杉並支部例会個別指導と税務調査 「質問応答記録書」にご注意(杉並) 杉並支部は6月30日、最近の個別指導の動向と税務調査の最新事情をテーマに支部例会を開催し、会員ら15人が参加した。 個別指導の医療機関選定では、保険者からの情報提供によるものが多数見られ、5年間にも及ぶ中断事例もある。協会が毎年実施している開示請求で入手した厚生局東京事務所の最新資料を用いて、事務局が個別指導の勘所を説明した。...支部杉並支部2017年07月31日
  • 170308_杉並支部総会医学管理料と査定・減点 実際の事例をもとに解説(杉並)  3月8日、杉並支部総会を開催し、25人が参加した。17年度支部計画など、支部総会議事の後、複雑・多岐にわたる医学管理料と査定・減点の最新情報について、事務局が解説した。身近で切実なテーマであり、質問と意見が活発に交わされた。  医学管理料は、患者への指導等に関わる点数だけでなく、検査をしながら管理する、小児やある疾患の治療の...支部杉並支部2017年05月01日
  • 新点数Q&A説明会の様子不可解な点数を改善へ 声を上げていこう(杉並) 協会杉並支部は5月11日、新点数Q&A説明会を開催。会員ら20人が参加した。 「処方せんのチェック欄は必ず記入しなければならないのか」「湿布薬のレセプトと処方せんへの記載要領を詳しく説明して欲しい」「30日を超える長期投薬を行う場合の具体的な要件は何か。カルテに具体的な記載が求められるのか」など、多くの会員から協会に質問が寄せ...説明会杉並支部2016年05月25日
  • 丁寧な解説に真剣に耳を傾ける参加者ら小児かかりつけ診療料 要件緩和もハードル高く(杉並) 杉並支部は3月17日、支部総会を開催し、46人が参加した。医療・介護制度等の改善に向けて、区議会へ働きかけるなどの来年度支部活動計画案を確認するとともに、16~17年度役員に加藤章支部長ら、支部役員7人、評議員・予備評議員を選出した。 また、協会副会長に竹崎三立先生、同理事に成瀬清子先生を推薦することを決めた。 診療報酬...支部杉並支部2016年04月15日