保険医の生活と権利を守る東京保険医協会

インタビュー

  • 18050515_03_田﨑ゆき医師(江戸川区・田﨑医院) ハガキクイズで考える私たちの医療2017「はじめて景品が当たった!」 東京協会からも当選者が出ました! 全国の協会が取り組んだ「クイズで考える私たちの医療2017」で2等・復興支援カタログギフトの当選者が東京から出た。田﨑ゆき協会理事(江戸川区・小松川医院)の患者さんだ。 田﨑理事が当選したことを患者さんに連絡したところ、電話の向こうで歓喜の声。後日、景品を受け取りに来られた際に、「今まで一度も景...インタビュー時局対策2018年05月15日
  • 成瀬先生STOP!患者負担増署名に取り組む 「知ることだけでも意味がある」 成瀬医院 成瀬 清子(協会理事・杉並区)  今年度は70歳以上の患者負担限度額(高額療養費制度)や、65歳以上の療養病床の居住費負担の引き上げなど、さまざまな負担増が実施されます。  さらに今後は、窓口定額負担の上乗せ、湿布薬や漢方薬の保険外しなどの導入が検討されます。このことはマス...インタビュー2017年05月02日
  • 署名に取り組む細部協会理事STOP!患者負担増署名に取り組む署名は待ち時間を有効活用―患者さんとの信頼関係を大切に― 細部小児科クリニック  細部  千晴(協会理事・文京区)  現在、クリニックの診察室の机の棚には「署名にご協力を~」と書いた紙を貼っています。患者さんに直接訴えたいという思いで手書きにしました。  私のクリニックは小児科なので一般外来では、時間をかけて署名へ...インタビュー2017年04月12日
  • 170315_03拝殿理事STOP!患者負担増署名に取り組む 「ホテルコストの引き上げ、対象拡大にも危機感」  東京保険医協会では、新たな患者署名「医療・介護の負担増の中止を求める請願署名」(5月25日〆切)に取り組んでいます。署名に熱心に取り組んでいる拝殿清名協会理事にお話を伺いました。  先月から、署名ハガキ入りのティッシュを活用して患者さん一人ひとりに国が推進する患者負担増の内容を説明し、署名の協力を呼びかけています。今国会で審...インタビュー2017年03月15日
  • 署名に取り組む片倉理事患者署名を『元気玉』に―町の人口5%まであと30人!  東京保険医協会では、全国の協会・医会とともに新たな患者署名―「医療・介護の負担増の中止を求める請願署名」(5月25日〆切)に取り組んでいます。そのストップ患者負担増署名に熱心に取り組んでいる片倉和彦協会理事にお話を伺いました。  『元気玉』というのは漫画「ドラゴンボール」での技です。悟空が頭上の両手で支えていた東京ドームより...インタビュー2017年02月22日