保険医の生活と権利を守る東京保険医協会

ニュース・解説

  • 診療報酬の概算前払について融資を申請中の保険医療機関は6月下旬の診療報酬支払日に「4月診療分」に加えて「5月診療分」の概算前払が申請できます。 新型コロナウイルス感染症により収入が減少し、融資を申請中の保険医療機関へ融資が実施されるまでの資金繰り対策として、6月下旬の診療報酬支払日に「4月診療分」に加えて「5月診療分」の概算前払が申請できます。 〇概算前払いの額は2...解説経営税務部2020年06月01日
  • [社保]新点数Q&A(その3)※『新点数運用Q&A―レセプトの記載2020年4月―』(全国保険医団体連合会)から一部改編して抜粋。 小児特定疾患カウンセリング料 Q1 公認心理師がカウンセリングを行った場合にも算定できることになったが、同一月に「医師による場合」を2回、「公認心理師による場合」を2回行った場合、計4回算定できるか。 A1 ・・・ 記事全文は、《会...社保情報審査指導対策部2020年05月13日
  • [社保]新型コロナ・診療報酬上の臨時的な取り扱いQ&A【電話等初診料(214点)の算定要件等について】 Q1 いつから算定できるのか。 A1 厚労省が通知を出した・・・ 記事全文は、《会員専用ページ》をご覧ください。 会員ページの閲覧には、IDとパスワードの入力が必要です。 会員医療機関の方は、事務局(03-5339-3601)までお問合せください。   社保情報審査指導対策部2020年05月13日
  • 雇用調整助成金の解説動画雇用調整助成金の解説動画 ※期間限定 新型コロナウイルス感染拡大の情勢を受け、(株)労働新聞社による雇用調整助成金の解説動画が期間限定で公開されているので、ご紹介します。 新型コロナ緊急セミナー第1弾―雇用関係助成金 活用と申請 押さえておきたいポイント 新型コロナ緊急セミナー第2弾―4月10日追加発表 雇用調整助成金の拡充内容と申請のポ...解説経営税務部2020年05月01日
  • 新型コロナ「電話等再診」の取扱い 厚生労働省は3月19日に事務連絡を発出した。そのなかで、慢性疾患等を有する定期受診患者について、原疾患により発症が容易に予測される症状の変化に対して、これまで処方されていない慢性疾患治療薬を電話等による診療で処方可能とすることが示された。以下、その概要を掲載する。・・・ 記事全文は、《会員専用ページ》をご覧ください。 会員ページの閲覧には...社保情報審査指導対策部2020年04月30日
  • josei_yusi主な助成・融資制度 新型コロナウイルス感染拡大に伴い緊急事態宣言が出され、医療機関でもスタッフが出勤できない状況や診療時間を短縮するなど雇用管理の見直しを余儀なくされている。主な助成制度と労務管理のポイントを紹介する(助成額や申込期間、問合せ先は表1参照)。 新型コロナウイルスの影響で事業を縮小した場合  「雇用調整助成金」は、新型コロナウイルス感染症の影響...解説経営税務部2020年04月25日
  • 小児科外来診療料 届出制が復活 4月20日までに届出を 厚生労働省は3月5日、2020年度診療報酬改定の告示・留意事項通知等を発出した。小児科分野では、小児科外来診療料が4年ぶりに届出制に戻ることが大きな変更点だ。また、小児かかりつけ診療料も、小児科外来診療料の届出を行っていることが施設基準に追加された。以下、改定の概要と届出方法について解説する。・・・ 記事全文は、《会員専用ページ》をご覧ください...社保情報審査指導対策部2020年04月03日
  • 新型コロナ「電話等再診」、在宅療養指導管理料 算定可能な点数 明らかに 新型コロナウイルス感染拡大を受けて、慢性疾患等を有する定期受診患者等について電話や情報通信機器を用いて診療した場合に処方箋を発行できるとした2月28日事務連絡(本紙2020年3月15日号参照、以下、事務連絡の「1」)に続き、厚労省は3月12日、診療報酬上の具体的な取り扱いをまとめた「新型コロナウイルス感染症に係る診療報酬上の臨時的な取り扱いについて(...社保情報審査指導対策部2020年04月03日
  • 新型コロナウイルス 厚労省 通知を発出 電話等再診での処方箋発行  2月25日に政府から出された「新型コロナウイルス感染症対策の基本方針」を踏まえ、厚生労働省は2月28日に、「新型コロナウイルス感染症患者の増加に際しての電話や情報通信機器を用いた診療や処方箋の取扱いについて」(医政局医事課)・「新型コロナウイルス感染症に係る診療報酬上の臨時的な取扱いについて(その2)」(保険局医療課)を発出した。以下、その概要をま...社保情報審査指導対策部2020年04月02日
  • ー2020年度点数改定―「かかりつけ医」推進姿勢 強固に新設された主な点数 ①診療情報提供料(Ⅲ) 150点 ②婦人科特定疾患治療管理料 250点(3月に1回) ③遠隔連携診療料 500 点(3月に1回) ④精神科退院時共同指導料1(外来又は在宅側)(入院中に1回)    精神科退院時共同指導料(Ⅰ) 1, 500点    精神科退院時共同指導料(Ⅱ) 900点  精神科退院時共同指導料2...社保情報審査指導対策部2020年03月13日