保険医の生活と権利を守る東京保険医協会

勤務医委員会

勤務医アンケート実施し、労働環境の改善や医療訴訟リスクへの対応など、
勤務医の先生方の要望や期待に応えられるような企画に取り組んでいます。

勤務医委員会の紹介

 2008年秋に勤務医委員会が発足しました。
 保険医協会は開業医中心の組織と思っている先生方も多いと思いますが、開業医と勤務医が手を取り合って協力し、医療崩壊をくい止める運動に取り組むというスタンスで活動をしています。現在815人の勤務医の会員がいます(東京保険医協会会員総数は2017年4月現在5,501人)。協会が運営する共済制度の加入をきっかけにご入会いただく先生が多いです。また最近は、開業をお考えの先生も早めにご入会いただいています。
 勤務医といっても就業形態はさまざまですが、勤務医を対象にしたアンケートに基づき、労働環境の改善や医療訴訟リスクへの対応など勤務医の先生方の要望や期待に応えられるような企画に取り組んでいます。会費は開業医会員の半額の月3,000円です。ぜひ未入会の勤務医の先生は東京保険医協会にご入会ください。

新着情報

  • 裁判報告会全景①乳腺外科医師裁判報告会「いっそうの支援を」2019年05月13日乳腺外科医師事件とは  2016年8月25日、足立区内の病院において、女性患者に対する準強制わいせつの疑いで乳腺外科医師が逮捕され、100日以上に及ぶ勾留の末、刑事事件で争われてきた。本年2月20日、東京地方裁判所は医師に無罪判決を言...講演会講演会活動報告勤務医委員会
  • 田中眞希先生【シリーズ活動紹介⑦】会計部2019年03月13日 協会の活動を財政面から支えています(部長 田中 眞希) 会計部の紹介、と聞くと「総会などで数字を報告する、あれだな」と皆さま思われるでしょう。その通りですが、ここでは毎月どんな活動をしているか具体的にお知らせします。 ...会計部PR
  • 190305_01_記者会見(司法記者クラブ)乳腺外科医事件 無罪判決、「控訴断念」を強く望む2019年03月13日 2016年、都内の病院で乳腺手術を担当した乳腺外科専門医が、執刀後に女性患者(Aさん)の乳首を舐めたなどとして準強制わいせつの罪で起訴された事件で、東京地裁刑事第3部の大川隆男裁判長は2月20日、無罪(求刑・懲役3年)の判決を言...会見活動報告
  • 190225_01_尾﨑治夫都医会長と懇談都医 尾﨑治夫会長と懇談2019年03月13日 2月6日、鶴田幸男会長と佐藤一樹理事はともに東京都医師会館を訪ね、尾﨑治夫東京都医師会長と懇談した。 まず、2018年10月28日に開催した東京医科歯科健康まつりが1,500人余の都民の参加を得て、成功裏に終了でき...懇談活動報告
  • 3/9(土) 「乳腺外科医裁判報告会」ご案内2019年02月27日 自ら執刀した患者に対する準強制わいせつ罪で起訴されていた乳腺外科医師の裁判が2019年1月8日に結審しました。検察側は懲役3年を求刑、弁護側は無罪を主張しました。2月20日に東京地裁で無罪の判決が言い渡されました。 東京保険医...研究会・セミナー活動報告勤務医委員会