保険医の生活と権利を守る東京保険医協会

庶務部

  • 2020年4月採用 職員募集(総合職)東京保険医協会は、誰もが保険でよい医療が受けられる社会を目指す保険医の団体です。  保険医の生活と権利を守り、国民の健康と医療の向上を図ることを目的に事業を行っています。 社会保障や医療福祉に関心のある方を歓迎します。 募集要項 ●採用予定:総合職 1名 (2020年4月採用予定) ●応募資格:4年制大学を2020年3月卒業(修了)見...新着情報庶務部2020年01月06日
  • PB200732風疹第5期定期接種・破傷風ワクチン無料接種事業 記者会見に大手2紙が参加  協会は11月20日、風疹の第5期定期接種に係る要望と、協会が継続して取り組んでいる被災地支援ボランティアへの破傷風ワクチン無料接種事業に関する記者会見を協会セミナールームで行った。鶴田会長、申理事が出席し、朝日新聞、毎日新聞の2社が参加した。  風疹第5期定期接種は2019年から、1962年4月2日~...会見庶務部2019年12月17日
  • 破傷風ワクチン被災地支援 破傷風ワクチン無料接種 「多くの人に接種してほしい」    接種の説明を受けるボランティアの男性(左)       接種を受ける男性 無料接種に協力する申理事(右)  9月から10月にかけて発生した台風15号、19号による被害が各地で相次いだ。協会では、復旧支援のボランティア活動に敬意を表し、ボランティア活動参加者への破傷風ワクチンの無料接種事業を行っており、11月20日現...庶務部2019年12月05日
  • 台風15号、19号等による豪雨災害復旧支援ボランティアの方への破傷風ワクチン無料接種について がれき搬出などの作業中に釘やガラスでケガをした場合、破傷風感染を起こす方がいます。破傷風菌に感染すると数日から最長数カ月の潜伏期間を経て、神経毒により開口不全や呼吸困難を起こし、最悪の場合死に至る場合もあります。子どもの時に予防接種を受けていても免疫は消えてしまうので、再度の接種が必要です。 東京保険医協会は、被災地支援のボランティア活動に敬...新着情報庶務部2019年10月02日
  • 井上Dr【シリーズ活動紹介⑬】庶務部"屋台骨"として、協会の業務を支えています 部長 井上 博文   庶務部というと、昔のTVドラマ「ショムニ」を思い出す方もいるかもしれません。あれは総務部庶務二課を舞台にしたドラマでしたが、東京保険医協会には総務部はなく、庶務部が総務部的な仕事も担っています。  その仕事は多岐にわたっていますが、毎月一回、理事会の一週間前の火...庶務部PR2019年09月18日
  • 190225_01_支部長会2月9日、支部長会を開催―14支部が参加 2月9日、支部長会を協会セミナールームで開催した。当日は20支部中14支部から支部長9人、支部長代理5人が出席した。 世田谷・渋谷支部の小林健一支部長による乾杯挨拶の後、鶴田会長は2019年度協会事業計画案、田中会計部長は同予算案の基本方針を説明した。その後、各支部長・支部長代理がそれぞれの支部活動を報告した。 「協会に...支部庶務部2019年03月13日
  • [写真]破傷風ワクチン協会の破傷風ワクチン・無料接種 接種を受けるボランティアの青年(右)と 無料接種に協力する赤羽根理事(左) 「ありがたい。今後も続けて」 ◎協会には67件の申込み 協会では、会員医療機関の協力の下、西日本豪雨被災地ボランティアの方に破傷風ワクチンの無料接種を行っている。9月7日現在、67件の申込みがあった。 協会の接種事業を利用した被災...庶務部2018年12月05日
  • 櫻井正美理事新役員就任にあたって(2018~19年度) 理事 櫻井 正美 (新宿区・おおくぼ戸山診療所) 監事 竹﨑 三立 (杉並区・天沼診療所) 理事  櫻井 正美(新宿区・おおくぼ戸山診療所 )  7年ぶり、静岡県保険医協会から東京協会に転籍してきました。  2011年、地元・静岡でクリニックを立ち上げるため東京を離れ、準備の最中、東日本大震災があ...新着情報庶務部2018年04月20日
  • 180405_01_第97回定時総会第97回定時総会を開催 鶴田会長ら新執行部を選出 3月24日、協会は「第90回定時評議員会」「第97回定時総会」を協会セミナールームで開催した。 評議員会では、議案として2018年度事業計画、会費減免申請、2018年度予算を承認するとともに、18-19年度の役員選挙が行われ、会長1人、副会長5人、理事24人、監事2人を選出した(新執行部役員一覧/3面掲載)。 冒頭、挨拶...総会・評議員会庶務部2018年04月09日
  • 180225_01_2017年度支部長会2017年度 支部長会を開催“協会活動に期待”の声 時勢に流されず、社会保障を守る取り組みを続けて欲しい 2月10日、支部長会が協会セミナールームで開催された。当日は20支部中16支部から支部長9人、支部長代理7人が出席した。世田谷・渋谷支部の小林健一支部長による乾杯の挨拶に続き、鶴田会長が2018年度協会事業計画案を、田中会計部長が同予算案の基本方針をそれぞれ説明。その後、各...支部庶務部2018年03月02日
  • 170705_総会・評議員会第89回定時評議員会・第96回臨時総会を開催 6月24日、第96回臨時総会が開催され、会員671人(うち委任状626通)が参加した。鶴田会長は冒頭挨拶で、社会保障充実を求める運動や、勤務医の不当勾留事件に係る早期釈放を求めた保険医の生活と権利を守る取組みなど、協会の活発な活動を紹介した。 総会議事では、竹﨑三立副会長の辞任および吉田章副会長の補充選出の報告と、2016年度...総会・評議員会庶務部2017年07月06日
  • 東京保険医協会の法人名義取得の研究に関する提案会員の先生方へ 東京保険医協会 会長 鶴田幸男  東京保険医協会は、保険医の生活と権利を守ることと国民医療の向上を図ることを目的とする保険医の自主的な任意団体です。これまで、保険医の要求に基いて自由に事業や活動を行ってきました。  協会ではこの間、法人名義の取得に関する研究を進めておりました。法人制度に係る法律が2008年に改定された...提言庶務部2016年11月25日
  • 熊本地震被災地ボランティアの方への破傷風ワクチン無料接種事業を延長しました  6月から開始した熊本地震被災地ボランティアの方への破傷風ワクチン無料接種事業について、多くの方にご利用いただきありがとうございます。協会では今後も災害復興に時間を要することなどから、引き続き無料接種事業を継続することといたしました。 年末にかけてボランティアを予定されている方は、ぜひご利用ください。  なお、破傷風ワクチンの接種歴のない方...新着情報庶務部2016年10月17日
  • 50年永年会員表彰・竹内隆先生(中央)と拝殿会長(左)、竹崎副会長(右)創立50年――協会は保険医を守る砦「50周年を祝う夕べ」 11月16日、京王プラザホテルで東京保険医協会「創立50周年を祝う夕べ」が開催され、273人が参加した。 レセプションは、拝殿清名会長の開会あいさつに続き、全国保険医団体連合会の住江憲勇会長が来賓あいさつし、竹山惣一監事(元会長)の乾杯で始まった。 音大生による管弦四重奏 弦楽四重奏、50年永年会員の表彰、イリュージ...催し物庶務部2013年12月05日
  • 小野寺けい子先生50周年記念シンポジウム「東日本大震災からの復旧・復興、地域医療の再建をめざして」 復興の現状と医療再建の課題――岩手・宮城・福島3協会が報告 協会は、創立50周年を記念して、11月16日に新宿京王プラザホテルで、シンポジウム「東日本大震災からの復旧・復興、地域医療の再建をめざして」を開催した。当日は、会員・役員・マスコミ等94人が参加した。 シンポジウムでは、東日本大震災で被害が大きかった、岩手県、宮城県、福島県の東...催し物庶務部2013年12月05日