保険医の生活と権利を守る東京保険医協会

活動報告

  • 都福祉保健局と懇談「指導をめぐり意見交換」 1月18日、協会と東京都福祉保健局指導第三課との懇談が実現した。協会から審査指導対策部の浜野部長、赤羽根部員が、東京都から、指導監査部医事専門課長および指導第三課課長代理が出席した。概要は以下のとおり。 電子カルテについて 電子カルテの場合、多くの医療機関がカルテをプリントアウトして持参するが、療養担当規則に定める診療録様式第一...懇談審査指導対策部2018年06月28日
  • 新エコー②心エコー研究会参加記  「診療に生かせる実践的企画」 協会 循環器研究会世話人 三原 純司 去る5月27日(日)、本年度の心エコー研究会が開催されました。 私は一通りの経胸壁心エコー検査の技術習得と読影はして来ましたが、今年は、その総復習と確認、エコー機器の進歩の把握、現在の第一線病院のレベルも視察するため初参加しました。 ...研究会・セミナー研究部2018年06月25日
  • 初鹿P"診療報酬引上げ・患者負担軽減を"要請署名を国会に提出 生保の後発品義務化は人権問題 初鹿明博議員(衆・立憲) 田村智子議員(参・共産) 協会は4月19日、3月開催の新点数説明会にて集約した「診療報酬の改善を求める要請署名」計443筆を国会に提出した。署名に寄せられた「診療報酬の引き上げと患者負担の軽減は地域の医療を守り、安心して医療を受けるた...要望・要請時局対策2018年06月22日
  • [写真]北支部例会北支部例会を開催―新設点数・加算、政策誘導との指摘も(北) 北支部は5月24日、北とぴあ会議室で支部例会を開催し、8人が出席した。今回のテーマは「新点数Q&A」で機能強化加算や妊婦加算、小児抗菌薬適正使用支援加算など、会員医療機関から問い合わせの多い項目を中心に事務局が話題提供し、参加者からの質問や意見も交え検討した。 「機能強化加算は、『入院から在宅へ』という国の意向が強く出ている。80...支部北支部2018年06月22日
  • [写真]墨田支部例会墨田支部例会を開催―新点数Q&A重要ポイントを解説(墨田) 墨田支部は5月23日、すみだ産業会館会議室で支部例会を開催し、会員、従業員ら14人が参加した。 今回のテーマは「2018年4月実施・診療報酬改定の重要ポイントQ&A」、問い合わせが多いベンゾジアゼピン受容体作動薬の長期処方に関する取り扱いや、新設のオンライン診療料に係る疑義解釈などの最新情報を中心に事務局が解説し、その後質疑応答に...支部墨田支部2018年06月22日
  • 新入会員歓迎懇談会新入会員歓迎懇談会に35人参加 協会を通じて会員同士が交流 組織部は6月9日、ホテルセンチュリーサザンタワーで新入会員歓迎懇談会を開催した。新入会員ら35人が参加した。 冒頭、井上組織部副部長が「協会の多彩な事業を積極的に活用するためにも、協会組織の仕組みを理解していただきたい」と各部の活動紹介を行った。 新入会員の自己紹介では、「前回とても楽しかったので、今日は2回目の出席。日頃から協...催し物組織部2018年06月22日
  • 180425_03_勾留中医師死亡事件_講師奈良県医師勾留中死亡事件について検証―取り調べの正当性を問う 協会勤務医委員会は4月14日、奈良県勾留中医師死亡事件について検証する学習会を協会セミナールームで開催し、49人が参加した。 「奈良県勾留中医師死亡事件」は、奈良県の病院で肝臓手術を受けた患者が死亡したことを受け、2010年2月6日に業務上過失致死の疑いで逮捕された男性医師が勾留中に意識不明となり急死した事件。 協会は、奈良地裁...研究会・セミナー勤務医委員会2018年06月21日
  • 医療装具レクP治療用装具の負担軽減、厚労省・受領委任払いを検討 治療用装具の費用は、一旦、全額を患者が負担し、その後、保険者から療養費(現金)が支給される。義足など高額な治療用装具の場合、支払いができず、歩行自立の可能性があるのに車いすを選択する事例が生まれている。細田悟協会理事は、治療用装具の現物給付化を求め、6月4日、厚労省に要請・懇談した。 ~高額で歩行自立を諦める患者も~ ...懇談時局対策2018年06月21日
  • 180615_01_国会行動(初鹿議員)改定内容の周知期間、麻しん対策で懇談/国会質問「協会要望書が力に」 初鹿明博議員(衆・立憲) 伊藤俊輔議員(衆・国民)  改定内容の周知期間、麻しん対策で懇談 国会質問「協会要望書が力に」  協会は、5月24日に国会行動を行った。当日は、①診療報酬・介護報酬の改定内容につき充分な周知期間を求める、②麻疹「輸入感染」への緊急対策を求める、の2点について、医療現場から...要望・要請時局対策2018年06月19日
  • 180615_01_韓国医療視察韓国医療視察 印象記(2)―不正請求・自主返還は存在しない!? 「査定・減点は見解の相違」審査機関と対等に振舞う保険医たち 理事・庶務部長 井上 博文​ 韓国視察2日目(5月4日)のメインは健康保険審査院(HIRA)との懇談だったが、先号にもあったように直前になって先方よりキャンセルされてしまった。そこでいろいろと訪問先を探していたところ、幸いにもHIRA所在地の原州(Wonjyu)...視察審査指導対策部2018年06月15日