保険医の生活と権利を守る東京保険医協会

活動報告

  • 180615_03_患者接遇マナー講習会患者接遇マナー講習会に280人“目は口ほどにものを言う” 5月26日、協会経営税務部は恒例の「患者接遇マナー講習会」を開催し、会員医療機関のスタッフら277人(130医療機関)が参加した。講師には、ニチイ学館の関根澄子氏(主任講師)、同・會田淳子氏をお招きした。当日は、身だしなみや言葉遣いをはじめ、手鏡を使った表情の作り方といった実践を織り交ぜた説明のほか、窓口で患者から会計内容について質...研究会・セミナー経営税務部2018年06月14日
  • 立川グランドホテル新点数Q&A説明会を開催―2会場に750人 立川グランドホテル 日本教育会館 協会は4月25日(立川グランドホテル)、26日(日本教育会館)の2回にわたり、「新点数Q&A説明会」を開催。会員・従業員等のべ750人が参加した。 説明会では、かかりつけ医機能強化を狙った初診料の機能強化加算、診療科目に制限なく設定された妊婦加算、拙速との声が多...説明会審査指導対策部2018年06月10日
  • 180605_01_韓国医療視察韓国医療視察 印象記(1)―厚労省が羨むPC審査90%の背景 総医療費の半分が保険外診療―低公費・低給付・低報酬の実態に触れる 理事・研究部長 申 偉秀 保団連・韓国保険医療視察(5月3~6日)に同行した協会役員3氏(申偉秀・井上博文両理事、吉田章副会長)の印象記を今号から連載する。 日本の厚労省が目指す「支払基金業務効率化・高度化計画」は、電子レセプトの9割をPC審査で終了...視察審査指導対策部2018年06月07日
  • 180605_03_観劇のつどい観劇のつどい・前進座公演/“お金”を取り巻く人間喜劇 5月19日、劇団前進座の国立劇場公演を鑑賞する、毎年恒例の「保険医観劇のつどい」が福祉文化部の主催で開催された。会員とその家族、従業員等合わせて36人が参加し、開演前の楽屋訪問にも8人が参加した。今回の演目は明治の日本を舞台にした「人間万事金世中(にんげんばんじかねのよのなか)」。 ある日突然莫大な遺産が舞い込んだ主人公の元に...催し物福祉文化部2018年06月06日
  • 180605_03_江東支部例会江東支部例会を開催―かかりつけ医を推進、国の政策に懸念の声も(江東) 江東支部は5月22日、江東支部例会を亀戸文化センターにて開催した。会員ら11人が参加した。 まず、竹内透支部長の挨拶で開会し、司会は丸本百合子副支部長が務めた。赤羽根巌理事が情勢報告を行い、診療報酬改定や都立病院独法化の動きなどを解説した。 新点数Q&Aの説明では、会員からの質問の多い点数を中心に、疑義解釈等の内容を踏ま...支部江東支部2018年06月05日
  • 180605_03_目黒支部例会目黒支部例会を開催―新設の減算規定に質問が相次ぐ(目黒) 目黒支部は5月17日、目黒区八雲住区センターで支部例会を開催し、会員や従業員9人が出席した。 はじめに田島かほる支部長が開会の挨拶を行い、例会議事に移った。その後、「新点数・介護報酬Q&A レセプトの記載」テキストを用いて、新点数の運用に関して特に会員からの質問が多い箇所について、事務局から話題提供した。 今回の改定では...支部目黒支部2018年06月05日
  • 180605_03_葛飾支部例会葛飾支部例会を開催―新点数Q&A、疑問出し合い意見交換(葛飾) 葛飾支部は、5月18日、青砥・笹鮨で支部例会を開催し、会員等13人が参加した。今回は新点数Q&Aとして、協会に問い合わせが多く寄せられた項目を中心に事務局が情報提供し、意見交換を行った。 始めに石垣宏支部長が「今日は疑問点を出し合い、明日からの診療に役立てていきたい」と挨拶した。 今次改定で新設された点数のなかで、小児抗...支部葛飾支部2018年06月05日
  • 180425_02_首都圏外郭放水路(地上施設)公害環境対策部・首都圏外郭放水路を視察 地上施設 地下神殿を思わせる調圧水槽 地底の巨大地下放水路、毎秒25mプール1杯分を排水 公害環境対策部は、4月7日、国土交通省江戸川河川事務所が主催する首都圏外郭放水路(埼玉県春日部市)の見学会に11人で参加した。 埼玉県東部の利根川流域は、海抜からの高低差が少なく、昔から洪水がたびたび発生する...視察公害環境対策部2018年06月04日
  • 180425_01_国会行動(医師の働き方を考える国会内集会180315)国会内集会ー勤務医の過重労働改善を求める 医師数 OECD並みに 3月15日、衆議院第2会館で「医師の働き方を考える国会内集会」が開催され、全国から勤務医・開業医ら150人が集まった。 基調提案を行った本田 宏氏(元・埼玉県済生会栗橋病院院長補佐)からは、日本の医師数をOECDの平均水準にするには、現行の数に加えて約10万人が必要だとの訴えがあった。 全国医師ユニ...要望・要請活動報告時局対策勤務医委員会2018年06月04日
  • 180525_01_0512憲法学習会憲法学習会/五十嵐 仁氏が語る「9条はこれだけ役に立ってきた」 政策調査部は5月12日、法政大学名誉教授の五十嵐仁氏を招いて、憲法学習会「改憲と日本の政治的状況」を開催し、40人が参加した。 “末期症状”の安倍政権 五十嵐氏は、森友公文書改ざん、防衛省の日報隠蔽、裁量労働制のデータ捏造等々、内政上の混乱と、朝鮮半島の急激な情勢変化によって、客観的には改憲を発議しうる状況にはないと考え...講演会政策調査部2018年06月01日